映画-Movie Walker > 作品を探す > 白昼の死刑台

チャールズ・マーティンが製作・監督・脚本を手がけたサスペンス・ドラマ。撮影は「宇宙大征服」のウィリアム・W・スペンサー、音楽を「裸のランナー」のハリー・サックマンが担当している。出演は「グリーン・ベレー」のレイモン・サン・ジャック、「秘密殺人計画書」のダナ・ウィンター、「ホテル」のケヴィン・マッカーシーなど。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昼はガソリン・スタンドで働き、夜はナイト・クラブで絵を描いているジェームズ・レイク(レイモンド・ジャック)は、ある夜、婦女暴行殺人の疑いをうけ検事の激しい尋問にあい、有罪の判決を受けた。真犯人を探すべくレイクは刑務所を脱獄した。途中彼は大金持ちレスリーに拾われ、レスリーの妻エレン(ダナ・ウインター)殺しを強要された。が、レイクはみせかけの殺人をし、逃れた。レイクは町にいる弟のウィリアムを訪れた後、殺された女の婚約者ハリーの働いているバーを訪れた。そこには女の義父カールもいた。女ぐせの悪いカールは義娘を犯していたのである。それを知ったハリーはカールにつかみかかったが、逆に彼に射たれた。そのハリーの死ぬ直前の証言で、真犯人がカールであることが判明した。逆上したカールは、レイクをめがけて銃を撃ったが、レイクの恋人リリーの通報で駆けつけた警官隊に逮捕された。レイクには再び平和な日々が訪れた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 If He Hollers, Let Him Go!
製作年 1968年
製作国 アメリカ
配給 松竹映配
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 白昼の死刑台