TOP > 映画作品を探す > ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!の画像

メタル大国フィンランド発の音楽コメディ。ライブで失態を晒したヘビメタバンド、インペイルド・レクタム。不甲斐なさを噛みしめたトゥロはバンドを再結成させ、盗んだバンに事故死したメンバーの棺を乗せドラマーを誘拐し、夢のフェスを目指して駆けていく。監督は本作が初長編作のユーソ・ラーティオユッカ・ヴィドゥグレン。「アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場」のヨハンネス・ホロパイネンがインペイルド・レクタム(直腸陥没)でヴォーカルを務めるトゥロを演じる。SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2018にてワールドプレミア上映。

3/5
総評価数 5
レビュー 1
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
8

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

フィンランド北部の何もない田舎の村で退屈な毎日を送る25 歳のトゥロ(ヨハンネス・ホロパイネン)は、終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタルを標榜する4人組ヘヴィ・メタルバンドでヴォーカルを担当している。結成から12年、これまで一度もステージに立ったことがなく、一曲もオリジナル楽曲を作っていない単なるコピーバンドだった彼らだったが、ついに強い意志のもと作曲に取りかかり、試行錯誤の末にとてつもなくキラーな名曲が誕生。時同じくしてひょんなことからノルウェーの巨大メタルフェス主催者がメンバーの家にやってきて、千載一遇のチャンスが舞い降りる。バンド名をインペイルド・レクタムに定め、ハイウェイの自動速度取締機を使い初のアーティスト写真を撮影。初めて地元のライブハウスで前座を務めるが、緊張したトゥロは大嘔吐してしまう。ノルウェーのフェス参戦も水の泡と化し、バンドは敢え無く解散。さらにはドラマーのユンキがハイウェイを爆走中にトナカイを避けて事故を起こし、死んでしまう。自身の不甲斐なさを噛みしめたトゥロは、ユンキのため、仲間のため、そして自分自身のために、バンドを再結成し、ノルウェーに乗り込もうと決意。盗んだバンに墓地から掘り起こしたユンキの棺桶を乗せ、精神科病院からドラマーを誘拐し、ノルウェーへと逃亡する一行。フィンランド警察から追われ険しいフィヨルドを駆けながら、夢のフェスを目指していく。

作品データ

原題 Hevi reissu / Heavy Trip
製作年 2018年
製作国 フィンランド=ノルウェー
配給 SPACE SHOWER FILMS
上映時間 92
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

芸術の最後の砦!

投稿者:Movie Walkerユーザー

(投稿日:2020/1/11)

風景は美しく、彼らは純朴で、音楽は凄まじい。 はじめは声を…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

ライブで嘔吐、墓荒らしまで!?フィンランドの破天荒すぎるメタルバンドとは?
ライブで嘔吐、墓荒らしまで!?フィンランドの破天荒すぎるメタルバンドとは?(2019年12月27日 22:00)

“ヘヴィメタル”と聞いてどのような印象を抱くだろうか?ロン毛で、悪魔を崇拝していて、近寄りがたい“ならず者”といった偏ったイメージを持つ人もいるかもしれない。そ…

【今週の☆☆☆】50作目の『男はつらいよ』やトップレス美女が踊り狂う(!)『死霊の盆踊り』など週末観るならこの3本!
【今週の☆☆☆】50作目の『男はつらいよ』やトップレス美女が踊り狂う(!)『死霊の盆踊り』など週末観るならこの3本!(2019年12月26日 22:30)

Movie Walkerスタッフが、週末に観てほしい映像作品3本を(独断と偏見で)紹介する連載企画。今回は、12月27日(金)から今週末の公開作品をピックアップ…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!