コンフィデンスマンJP プリンセス編|MOVIE WALKER PRESS
MENU

コンフィデンスマンJP プリンセス編

2020年7月23日公開,124分
  • 上映館を探す

ドラマ「リーガル・ハイ」シリーズなどヒット作を多数手掛ける脚本家・古沢良太による人気作「コンフィデンスマンJP」の劇場版第2弾。伝説の島・ランカウイ島を舞台に、大富豪が遺した10兆円の遺産を巡るだまし合いが繰り広げられる。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らおなじみのキャスト陣に加え、柴田恭兵、北大路欣也、滝藤賢一、関水渚ら新キャストが参加。

予告編・関連動画

コンフィデンスマンJP プリンセス編

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

世界有数の大富豪レイモンド・フウが亡くなった。彼の遺産を巡ってブリジット、クリストファー、アンドリューの3姉弟が火花を散らすなか、執事トニーが発表した相続人は隠し子の“ミシェル・フウ”だった。ミシェルの存在を知る者は誰もおらず、彼女の捜索が始まるなか、世界中の詐欺師たちがミシェルの名を騙ってランカウイ島に集結。ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人も島に乗り込み、大胆不敵なコンゲームを仕掛ける。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
124分

[c]2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.9
  • barney

    4
    2020/8/7

    邦画は試写会や鑑賞券が当たった時以外観ないんだけど、友達の誘いもあり、ポイントもあったんでそれでみ観ました。
    今回の舞台はシンガポール。
    娘っちの結婚式がシンガポールだっただけに、とっても懐かしかった~ぁ。
    だから大画面効果もちょっとあったかな!?

    時間をさかのぼるやつって、話がこんがらがっちゃいそうで嫌いなんだけど、コンフィデンスは詐欺師の種明かしのための前戻りだから、ネタバレを気にしない私には全然OKでした。
    いつも飛んでるダー子だけど、今回は母親役ってこともあっておとなしめだったかな?
    でもそこまで裏をかいて詐欺るか~って感じで、楽しませてもらいました。
    そして感動もありちょこっと涙しました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 門倉カド

    5
    2020/8/2

    【賛否両論チェック】
    賛:ヒロイン達の丁々発止のやり取りが、コミカルで観ていて楽しい。待ち受けるどんでん返しの数々も、非常に痛快。
    否:登場人物がかなり多いので、やはり予備知識はあった方がイイ。展開もお約束の超ご都合主義。

     劇中でも適宜、超簡単に説明はしてくれますが、最低限前作の劇場版の知識はあった方がよさそうです。
     長澤まさみさん演じるダー子の魅力が、今回も炸裂している本作。仲間達とのコミカルなやり取りには、思わず笑ってしまいます。個人的には、
    「桑田とMATTより似てるわ。」
    ってボソッと言うのがツボでした(笑)。
     そんな中でも今回は、新たに加わった少女・コックリが、ダー子と共に修羅場を潜り抜けていくうちに、次第にたくましく成長していく姿も、また見どころの1つでもあります。ダー子がコックリに語る、
    「私達は何にでもなれる。なりたいと思ったものになれる。」
    という言葉に、コンフィデンスマンの神髄が表れているような気がしました。
     そして本作の魅力といえば、何といっても最後に待ち受けるどんでん返しの連続です。あまり言うとネタバレになってしまいますが、今回も
    「おっ!そう来ましたか!!」
    と思った先に、
    「えっ!そっちもですか!?」
    なーんて痛快なラストが待ち受けています(笑)。
     展開はご都合主義満載な感もありますが、あの三浦春馬さんのお姿も観られる貴重な作品でもあります。是非皆さんでご覧になってみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告