TOP > 上映中の映画作品を探す > ハーレーダビッドソン&マルボロマン

ハーレーダビッドソンとマルボロマン。アメリカに欠かせないこの2つのシンボルを名に持つ2人のヒーローの友情と戦いを描いたアクション映画。監督は「ダリル」のサイモン・ウィンサー。製作はジェレ・ヘンショウ、脚本は俳優としての顔も持つドン・マイケル・ポール、撮影は「ハンター」のデイヴィッド・エグビー、音楽は「イントルーダー 怒りの翼」のバジル・ポールドゥリスが担当。

3/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1969年、合衆国220回目の独立記念日の夜、2年ぶりにバーバンクへ帰ってきたハーレーダビッドソン(ミッキー・ローク)とマルボロマン(ドン・ジョンソン)は再会した。早速2人は馴染みの店、ロックンロール・バー&グリルへ向かう。何もかも昔のままだった。トラブルさえも。昔ハーレーは仲間のジャックの女、歌姫ルル(ヴァネッサ・ウィリアムス)に手を出して、ジャックの恨みを買っていたのだ。彼に手荒い歓迎を受けるハーレーは素直に自分の非を認め、たちまち2人は友情を取り戻した。今、この店は国際空港開発のあおりを受けて、立ち退きを要求されていた。店を続けるためには、250万ドルの借地料を銀行に支払わなければならない。ハーレーたちはその資金繰りのため、銀行の現金輸送車を強奪、しかしその積荷から出てきたのはクリスタル・ドリームと呼ばれる新種のドラッグだった。翌日ハーレーとマルボロは銀行に乗り込み、クリスタル・ドリームと交換に250万ドルを要求、銀行のボス・チャンス(トム・サイズモア)は取り引きに応じたが、その夜チャンスの部下たちが店を襲い、仲間が皆殺しにされてしまう。命からがら脱出したハーレーとマルボロは、金を持ってラスベガスへ逃亡するが、敵は執拗に追ってくる。ついにマルボロはチャンス一味と闘う決心をし、ロスへ引き返した。ハーレーも後に続く。名うてのチャンス一味とたった2人の死闘の末、ついに2人は仲間たちの復讐を果たすのであった。

作品データ

原題 Harley Davidson and the Marlboro Man
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ハーレーダビッドソン&マルボロマン