ラスト・クリスマス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ラスト・クリスマス

2019年12月6日公開,103分
  • 上映館を探す

イギリスのポップデュオ「ワム!」の名曲「ラスト・クリスマス」を題材にしたコメディタッチのラブストーリー。クリスマスのロンドンで不思議な出会いを果たした男女の物語を映しだす。主演はドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラークと、『クレイジー・リッチ!』のヘンリー・ゴールディング。オリジナル脚本を手掛けたエマ・トンプソンが、女優としても出演している。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ケイトはロンドンにあるきらびやかなクリスマスショップで働いているが、仕事に身が入らず生活も乱れがち。そんなある日、不思議な青年トムが現れ、彼女の抱えるさまざまな問題を見抜いて解決に導いてくれる。ケイトはトムに惹かれていくが、ふたりの距離は一向に縮まらない。やがて自らの心の声に耳を傾けたケイトは、トムに隠されたある真実を知ることになる。

作品データ

原題
Last Christmas
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
イギリス
配給
パルコ=ユニバーサル映画
上映時間
103分

[c]Universal Pictures [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9
  • お水汲み当番

    5
    2020/7/20

    クリスマス用品を売るお店に勤める主人公。

    じつは長く大病を患っていて、ようやく身体は回復できたものの、やることなすこと裏目裏目。何もかも上手くいかず、恋人にも振られてしまい、失敗ばかりを繰り返します。
    生活も荒れ、行きずりの男と夜を過ごす毎日。
    そんな彼女の心が、ひとつの出来事をきっかけに、どのように回復を遂げるのかというのが見どころなのですが、いやなんというか、至るところにキッチリ伏線が敷かれていたのに、お恥ずかしい限りで、まったくこの結末は予想もできませんでした。

    彼女には、結果として、これ以上はない最高のクリスマスプレゼントが用意されていたのです。

    ワムの名曲「ラスト・クリスマス」を下敷きにしながらも、曲の力以上のものを確実に魅せてくれる、そんな心が熱くなる最高の愛のお話でした。

    これから二人で映画デートを楽しむなら、絶対にイチオシできる作品だと思います。

    エンドロールが終わって、最後に現れる「ラスト・クリスマス」のロゴ。
    そうか。去年のクリスマス、って意味だったんですね。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • seapoint

    4
    2019/12/22

    クリスマス期間に必ず耳にする曲の1つ。それに沿ったstoryを書いたのはE.トンプソン!
    今、あの年代の女優さんにはまっているのか、「グレタ」のI.ユペールといいEU先進国は東欧の人になりたがる??生粋のBritishな彼女だが、まぁそう見えてしまうしね

    「ラブ・アクチュアリー」のようなハートウォーミングでファンタジックでブレグジットといった時事も取り込み、一言でいって素敵な作品。

    castingがいい、実にいい。差別的でなくてH.ゴールティングとM.ヨー。白人黒人でなくアジア系の容姿というのが、こういった話では特に男性アジア系は難しいわけで。話の筋からがっつかないわけで、またケイトがガラガラスーツケースを運んでいるのに、トムが全く手伝わない理由もBritishらくしくないって思ったが、はーん、そういう訳かって納得。うむ、トムのキャラ素敵だわ、惚れてしまうやらお(笑)

    ケイトの病に関してもう少し描かれていればより映画に深みが出たかも。そこだけマイナス。
    雪化粧のようなショッキングな悲しみもあったけれどケイトの若さと明るさで救われる。
    クリスマス映画はこうでなくちゃ。そしてクレムシュニテ?クリームたっぷりのケイトママのケーキが食べたいざんす。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • どんぐり

    3
    2019/12/14

    たぶん、与えよ・・・なんだろうな。
    どうしてもクリスマスに、幸せなこと・・プレゼントなどを求めがちですが、まずは周りの人々に与えよ何でしょうね。
    そんな生き方をして欲しい・・・それで彼が、現れたのでしょう・・・

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告