映画-Movie Walker > 作品を探す > ねずみの競争

劇作家ガーソン・カニンの舞台劇を自身が脚色し、テレビ演出家のロバート・マリガンが監督したニューヨークの若い男女の生活を描いたドラマ。撮影は「北北西に進路を取れ」のロバート・バークス、音楽をエルマー・バーンスティンが担当。出演は「奥様ごめんなさい」のトニー・カーティス、「ひとこと云って」のデビー・レイノルズジャック・オーキーら。製作。ウィリアム・パールバーグジョージ・シートン

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ピート・ハモンド(トニー・カーティス)は楽士だ。野心にもえてニューヨークへ出てきた。仕事を探す楽士の集まるマックのバーで、マック(ジャック・オーキー)に下安宿を紹介してもらった。部屋はペギー・ブラウン(デビー・レイノルズ)が借りていたものだった。部屋代が払えず、おかみのソーダ(ケイ・メドフォード)に追い出されたのだ。ピートはペギーに同情し、部屋の共用を提案した。カーテンで仕切って半分ずつ使う生活は最初はうまくいった。そのうち、ペギーを怪しげな男が訪ねてきたり、いかがわしいダンスホールの経営者ネリーから妙な電話がかかってきたりしだした。ペギーは、ネリーのダンスホールでホステスとして働きながら、パーティにアルバイトに出かけていた。ネリーがこれを知って強迫していたのだ。ピートにようやくチャンスがやってきた。6ヵ月の南米巡業のバンドに口がかかったのだ。が、楽器を盗まれ、このチャンスもふいになりそうだった。ペギーが気の毒に思い、サキソフォーンを買うお金をネリーから借りて、ピートに与えた。ピートは南米へ発った。ペギーはネリーにしつこくつきまとわれた。ペギーには金を借りてる弱味があったが、なんとかネリーの要求をはねつけてきた。ピートが巡業を終えて帰ってきた。下宿には、ネリーが子分を連れて押しかけてきていた。ペギーはナイフを突きつけられて、金を返せないなら体で払えと強迫された。ピートは6ヵ月かかってかせいだ金を叩きつけて、ネリーを追いはらった。ペギーは部屋を出ていくといった。ピートは引きとめた。2人は愛し合っていることを悟ったのだ。マックのバーを訪れた。彼もソーダと一緒に生きる決心をしたところだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Rat Race
製作年 1960年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

全世界で未だ一度もソフト化されていないのが驚異的

投稿者:mideja

(投稿日:2011/12/01)

既に、超幻級の映画 的な存在になりつつある本作。  約30…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ねずみの競争