映画-Movie Walker > 作品を探す > ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊

予告編を見る
ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊の画像

1969年にロマン・ポランスキー監督の妻である女優シャロン・テートがカルト集団に惨殺された事件をモチーフにしたホラー・スリラー。妊娠8ヶ月のシャロンはロンドンに行った夫の帰りを友人たちとともに待っていたところ、周囲で不吉な出来事が起こり始める。恐ろしい現実が忍び寄る彼女の最期の数日を「悪魔の棲む家 REBORN」(未)のダニエル・ファランズ監督が描く。ドラマシリーズ『リジー&Lizzie』のヒラリー・ダフが悲劇のヒロイン、シャロン・テートを演じる。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1969年8月。映画監督のロマン・ポランスキーと結婚したシャロン・テート(ヒラリー・ダフ)は、引っ越したてのロサンゼルス・シエロ・ドライヴ10050番地にある瀟洒な邸宅で、仕事でロンドンに出かけたロマンの帰りを待っていた。妊娠8ヶ月の彼女の元には、ロマンの友人のヴォイテック・フライコウスキー、コーヒー財閥の女相続人アビゲイル・フォルジャー、シャロンの元婚約者でヘア・スタイリストのジェイ・セブリングが集い、楽しい時間を過ごしていた。そんなシャロンの周囲で奇妙な出来事が起き、不穏な空気が流れ始める。前の住人である音楽プロデューサーのテリー・メルチャーに音楽のデモテープを送りつけていたチャーリーという不気味な男が訪ねてきて、家の周りには奇妙なヒッピー風の少女たちがうろつきまわり、さらには彼女の愛犬が行方不明に。やがてシャロンは屋敷に押し入ってきた暴漢たちに自分と友人たちが惨殺される夢を見、友人たちに不安を訴えるが、妊婦にありがちな不安神経症だとして取り合わない。しかし、恐ろしい現実はひたひたと忍び寄っていた……。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 The Haunting of Sharon Tate
製作年 2019年
製作国 アメリカ
配給 オープンセサミ=フルモテルモ
上映時間 90
映画公式サイトへ
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

シャロン・テート ヒラリー・ダフ
ジェイ・セブリング ジョナサン・ベネット
アビゲイル・フォルジャー リディア・ハースト
ヴォイテック・フライコウスキー パヴェウ・シャイダ
チャールズ・マンソン ベン・メリッシュ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊