鉄道運転士の花束|MOVIE WALKER PRESS
MENU

鉄道運転士の花束

2019年8月17日公開,85分
  • 上映館を探す

鉄道運転士を題材に“無実の殺人者”たちの悲哀と誇りをユーモラスに映し出すヒューマンドラマ。現役中に事故で28人を死なせてしまった定年間近の鉄道運転士イリヤ。その養子シーマは、家業を継ぐが、人殺しになりたくないという恐怖に怯える日々を送っていた。出演は「アンダーグラウンド」のラザル・リストフスキー、「サラエボの花」のミリャナ・カラノヴィッチ、「バーバリアンズ セルビアの若きまなざし」のヤスナ・デュリチッチ。監督・脚本は、カンヌ国際映画祭短編部門で審査員賞の受賞経験を持つベオグラード出身のミロシュ・ラドヴィッチ。

予告編・関連動画

鉄道運転士の花束

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

60歳のイリヤ(ラザル・リストフスキー)は定年間近の鉄道運転士。だが長い現役期間中、事故で28名を死なせてしまったという不名誉な記録を持っていた。そんな彼には19歳になる養子シーマ(ペータル・コラッチ)がいる。イリヤに憧れるシーマは、鉄道運転士を志し訓練中。イリヤは息子に、事故は避けて通れないものだと折に触れて話すが、シーマは人殺しにはなりたくないという恐怖を日々抱き続けていた。一方、イリヤと心理カウンセラーのヤゴダ(ミリャナ・カラノヴィッチ)は、限りなく愛情に近い友情と信頼関係で結ばれているが、それは恋愛とは違ったもので一線を越えることはなかった。イリヤには決して記憶から消せない過去があったのだ……。やがて、運転士の業務についたシーマは、不安を抱き、汗をかき、夜も眠れなくなってくる。1週、2週、3週間と過ぎるが、シーマは無事故を続け、ついにはその緊張感に耐えられなくなる。そんなシーマを見かねたイリヤは自殺志願者の人々を探し出し、高層ビルや橋から飛び降りる代わりに電車に轢かれてほしいと交渉を続けるのだが……。

作品データ

原題
DNEVNIK MASINOVODJE
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
セルビア=クロアチア
配給
オンリー・ハーツ
上映時間
85分

[c]ZILLION FILM [c]INTERFILM [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • 4
    2019/9/11

    これはかなりシュール。鉄道運転士たちの共同生活が何だか良い感じ。プライバシーは無いけど。
    シーマの出生が本当はどうなのかは分からないんだけど。
    そんな事まで面倒見ちゃう?って慣習。
    あの彼女のお仕事、辛い事も沢山有るだろうけど、今回の仕事に関しては、夢を与えられて、良い客だっただろうなぁ。
    シーマを指導し出してから生き生きして行くイリヤが分かりやすくて良い♪あの日出会った運命ね。親馬鹿が過ぎるけど。

    そして、空の巣症候群並みに沈み、過去の幻影に溺れるんだけど、そこから抜け出し、仲間たちと旅に出る。幸せそう♪

    どうしても数日前の横浜の大事故を思い出してしまう。
    運転士が一年ちょっとの新人って事を取り上げているマスコミも居たけど。
    事故は避けられない。でしょ?そして、彼らは苦しんでいる。
    あの運転士さんも酷いトラウマにならないと良いけど‥と思わずに居られません。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告