映画-Movie Walker > 作品を探す > ドリーミング村上春樹

ドリーミング村上春樹の画像

村上春樹の翻訳を手がけるデンマーク人翻訳家メッテ・ホルムに迫るドキュメンタリー。『風の歌を聴け』の完璧な翻訳を求め、世界中の翻訳家たちと議論を重ね、理解を深めるため来日したメッテに密着。やがてキャメラは小説に描かれている世界を映し出してゆく。北米最大のドキュメンタリー映画祭ホットドックス2018で観客賞を受賞。

3/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

村上春樹の翻訳家であるメッテ・ホルムは1995年、『ノルウェイの森』と出会って以来、20年以上に亘り、彼の作品をデンマーク語に翻訳してきた。村上春樹の作品はこれまで世界50言語以上に翻訳されてきたが、そのほとんどが英語からの翻訳となり、メッテのように日本語から直接翻訳することは珍しい。2016年、村上春樹がアンデルセン文学賞を受賞し、デンマークを訪れ王立図書館でメッテと対談する瞬間をキャメラが捉える。そして同時期、メッテは『風の歌を聴け』の一文について想いをめぐらせる。現実と空想の世界が重なり合う村上春樹の世界観は翻訳家によって解釈が異なる。メッテは世界中の村上春樹の翻訳家たちと議論を重ね、理解を深めるため日本を訪れる。故郷の芦屋を歩き、小説の舞台となる地を巡る。やがてキャメラは、村上春樹の小説に描かれている並行世界(パラレルワールド)を映し出す。深夜のデニーズ、バーカウンター、古いレコード、ピンボール、地下鉄、首都高速道路、公園の滑り台、巨大なかえるくん、そして夜空に浮かぶ二つの満月……。メッテは独り村上春樹の世界に潜り込んでいく――。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

原題 DREAMING MURAKAMI
製作年 2017年
製作国 デンマーク
配給 サニーフィルム
上映時間 60
映画公式サイトへ
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

関連ニュース

村上春樹を愛しすぎた翻訳者の“完璧”を巡る、異常なお仕事ぶり!
村上春樹を愛しすぎた翻訳者の“完璧”を巡る、異常なお仕事ぶり!(2019年10月21日 07:30)

ノーベル文学賞の発表で、毎回有力候補と予想されながらも惜しくも受賞を逃してきた村上春樹。“ハルキスト”たちが落胆する様子も、もはや恒例のものとなった。尋常ならざ…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ターミネーター:ニュー・フェイト
ターミネーター:ニュー・フェイト

ジェームズ・キャメロンが製作を手掛け、『ターミネーター2』のその後の世界を描く

ブラック校則
ブラック校則

佐藤勝利×高橋海人共演で理不尽な校則と戦う高校生の恋と友情を描いた青春ストーリー

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
IT/イット

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』から27年後を舞台に描いた完結編

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ドリーミング村上春樹