ポップスター|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ポップスター

2020年6月5日公開,110分
  • 上映館を探す

ナタリー・ポートマンが主演・製作総指揮を兼任した音楽ドラマ。銃乱射事件の生存者として、追悼式で歌を歌ったことをきっかけに新進ポップスターへと上り詰めたセレステだったが、度重なるスキャンダルで失墜。再起をかけたツアーの初日、ある事件が起こる。共演は「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のジュード・ロウ、「グッバイ・ゴダール!」のステイシー・マーティン、「トゥモローランド」のラフィー・キャシディ。監督・脚本は「シークレット・オブ・モンスター」のブラディ・コーベット。

予告編・関連動画

ポップスター

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

クラスメイトによる銃乱射事件で死の淵から生還したセレステ(ナタリー・ポートマン)。姉エレノア(ステイシー・マーティン)と作った曲を追悼式で歌ったことをきっかけに、敏腕プロデューサー(ジュード・ロウ)に見初められ、セレステは一躍スターダムへ上り詰めていく……。18年後。トップスターとして地位を築き上げたセレステは、度重なるスキャンダルで活動を休止していた。そして、再起をかけたカムバックツアーの初日、ある事件が起こる。それは、彼女の過去の模倣事件。蘇るトラウマを抱えながら、セレステはステージへと向かうが……。

作品データ

原題
VOX LUX
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ
上映時間
110分

Motion Picture[c]2018 Vox Lux Film Holdings, LLC. All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.4
  • akihiro_yagi

    4
    2020/7/25

    作成側から提示されるのは盛り上がりをあえて消されるナレーション。
    彼女の半生を学術的に振り返るような。
    エンディング以降も実はもうわかってるんだけどあえて言わない。
    そこに視聴者の描く未来を勝手に脳内に描かせるような。
    自分は最後の犯人に対するコメントが元でもう一度事件が起こるのかと。
    それは割とクソ鬱陶しく描かれたナタリーが演じたセレステに対してどう嫌うんだお前はとナタリーが突きつけた刃。
    映画の架空の設定じゃなく見ているあなたの偏見すら私は打ち砕くという、ナタリーの圧倒的な生命感を見せつけられた一作かなと。
    よく出来たブラックスワンより視聴者の懐に一層入り込んで見上げながら、器の小さなクズめとなじられたかのようなサイコ作品じゃないかなー

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • tom

    2
    2020/7/4

    のっけから衝撃的なシーンで始まり
    すごい映画じゃないか!って思っちゃったのが
    不幸の始まりだったのかもしれない。
    スターになる過程もスターになってからも
    スターを落ちるところも、どれもが中途半端で、
    どうも思い入れが生まれてこない。
    スターの荒れた生活や家族のいざこざも
    よくあるパターンなので目新しさもなかった。
    せっかくナタリー・ポートマンが出ているのに
    もったいない作品になってしまいました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • tom

    2
    2020/6/24

    のっけから衝撃的なシーンで始まり
    すごい映画じゃないか!って思っちゃったのが
    不幸の始まりだったのかもしれない。
    スターになる過程もスターになってからも
    スターを落ちるところも、どれもが中途半端で、
    どうも思い入れが生まれてこない。
    スターの荒れた生活や家族のいざこざも
    よくあるパターンなので目新しさもなかった。
    せっかくナタリー・ポートマンが出ているのに
    もったいない作品になってしまいました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告