映画-Movie Walker > 作品を探す > さよなら、退屈なレオニー

予告編動画を見る さよなら、退屈なレオニーの画像

トロント国際映画祭最優秀カナダ長編映画賞受賞の青春ドラマ。ケベックの海辺の街で暮らす17歳の少女レオニーは、高校卒業を1ヶ月後に控えながらどこかイライラとした毎日を送っていた。そんなある日、街のダイナーでミュージシャンのスティーヴと出会う。監督は、カナダの新鋭セバスチャン・ピロット。出演は、本作で2018年東京国際映画祭ジェムストーン賞を受賞したカレル・トレンブレイ。劇場公開に先駆け、第31回東京国際映画祭ユース部門にて上映(映画祭題「蛍はいなくなった」)。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 2
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

カナダ・ケベックの海辺で暮らす17歳の少女レオニー(カレル・トレンブレイ)は、高校卒業を1ヶ月後に控えながら苛立ちを抑えられずにいた。退屈な街を出たいと思いつつ、自分が何をしたいかが分からない。口うるさい母親も気に入らないが、それ以上に母親の再婚相手が嫌いで仕方ない。離れて暮らす実の父親だけが頼りだった。ある日、街のダイナーで、年上のミュージシャン、スティーヴ(ピエール=リュック・ブリラント)と出会ったレオニーは、どこか街になじまない雰囲気を纏う彼に興味を持ち、彼からギターを習うことになる。夏が過ぎていくなか、口論が絶えない家庭、浮いている学校生活、黙々とこなす野球場のアルバイト、暇つぶしで始めたギター……つまらないことだらけの毎日だが、レオニーになかで何かが少しずつ変わり始める……。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 LA DISPARITION DES LUCIOLES
製作年 2018年
製作国 カナダ
配給 ブロードメディア・スタジオ
上映時間 96
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

関連ニュース

【今週の☆☆☆】鬼才監督の問題作『ハウス・ジャック・ビルト』、こじらせ女子の青春『さよなら、退屈なレオニー』など週末観るならこの3本!
【今週の☆☆☆】鬼才監督の問題作『ハウス・ジャック・ビルト』、こじらせ女子の青春『さよなら、退屈なレオニー』など週末観るならこの3本!(2019年6月12日 23:00)

Movie Walkerスタッフが、週末に観てほしい映像作品3本を(独断と偏見で)紹介する連載企画。今回は、6月14日(金)から今週末にかけての公開作品から、鬼…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > さよなら、退屈なレオニー