映画-Movie Walker > 作品を探す > Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN

日本のアンダーグラウンド音楽シーンを牽引するロックバンド“GEZAN”の活動を追ったドキュメンタリー。クラウドファンディングで資金を集め、アメリカツアーとレコーディングを敢行したGEZANは、各地を巡る中で、根深い人種差別の存在を知る。出演は、GEZANのメンバー、マヒトゥ・ザ・ピーポーイーグル・タカカルロス尾崎石原ロスカル。監督・撮影・編集を担当したのは、ライブ映像やMVを中心に手掛ける神谷亮佑

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2009年の結成以来、精力的な活動を続け、野外フェス“全感覚祭”やレーベル“十三月の甲虫”を主催、現在の日本のアンダーグラウンドシーンを牽引するロックバンド“GEZAN”。多少なりとも音楽に敏感な人であれば、彼らの楽曲が次第に幅広い層に受け入れられ始めていることは知っているに違いない。さらに、ボーカルのマヒトゥ・ザ・ピーポーによる歌詞の世界観と発言は、ある種のカリスマ性を持ち始めている。それだけでなく、彼らの活動は、まだ表舞台に現れていない新しい才能、埋もれている才能を発掘するネットワークとして機能。それは世界にまで広がり、様々なものを巻き込んで大きな渦を作り始めている。そんな最も勢いを持って前進する“今”を、ギリギリの距離まで近づいて記録したバンド初のドキュメンタリー映画であり、感情の疾走を記録したロードムービー。自分たちのクラウドファンディング“BODY VUILDING project”で資金を集め、アメリカツアーとスティーブ・アルビニによるアルバムのレコーディングを敢行したGEZAN。彼らの盟友の映像作家“でるお”こと神谷亮佑はそこに帯同する。アメリカではどこへ行っても歓迎を受け、表向きにはパンク・アンダーグラウンドシーンの世界的な連帯を感じさせた。しかし、そこには先祖の時代から大きく横たわる根深い人種差別、拭い去れない憎しみが存在する事をやがて彼らは知ることになる。遠い地で受けた感覚と感情の変化を背負って帰国するが、その情動は消えることなく彼らに覆い被さってくる……。そんな中、アメリカで映像の編集を行っていた“でるお”は、極限にまで追い詰められて失踪。その一方で、彼らが主催するイベント“全感覚祭”の開催は目前に迫っていた……。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2019年
製作国 日本
配給 SPACE SHOWER FILMS
上映時間 88
映画公式サイトへ
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN