映画-Movie Walker > 作品を探す > パドマーワト 女神の誕生

予告編動画を見る パドマーワト 女神の誕生の画像

インド古来の伝記をインド映画最大級の製作費を費やし映画化。13世紀末、絶世の美女パドマーワティは、西インドの小国メーワール王国の王ラタン・シンの妃となる。同じころ、イスラム教国の王となったアラーウッディーンは彼女の噂を聞き、兵を差し向ける。出演は、「トリプルX 再起動」のディーピカー・パードゥコーン。監督は、「ミモラ 心のままに」のサンジャイ・リーラー・バンサーリー

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

13世紀末、シンガル王国の王女で絶世の美女と言われたパドマーワティ(ディーピカー・パードゥコーン)は、西インドの誇り高いラージプート族の小国メーワール王国の王ラタン・シン(シャーヒド・カプール)と恋に落ち、妃となる。そのころ、北インドでは、叔父を暗殺した若き武将アラーウッディーン(ランヴィール・シン)が、イスラム教国のスルタン(王)の座を手に入れる。獰猛で野心に満ちたアラーウッディーンは、第二のアレキサンダー大王との異名を得るほどその権勢を広げていく。そんななか、パドマーワティの美貌の噂を聞きつけると、メーワール王国に兵を差し向ける。だが、メーワール王国の堅牢な城壁とラタン・シンの抵抗で、パドマーワティの姿を見ることもできなかった。アラーウッディーンはラタン・シンを拉致してパドマーワティを自分の城におびき寄せるが、彼女の勇気ある救出策によりラタン・シンは奪い返される。アラーウッディーンは遂に総力をメーワール王国に向かわせ、大軍勢がメーワール王国の城を取り囲み、王と王の誇りと野望を懸けた最後の戦いが始まる。圧倒的に不利な戦いに、パドマーワティはある決意をもって臨む……。

見たい映画に
登録した人
12

作品データ

製作年 2018年
製作国 インド
配給 SPACEBOX
上映時間 164
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

パドマーワティ ディーピカー・パードゥコーン
アラーウッディーン・ハルジー ランヴィール・シン
ラタン・シン シャーヒド・カプール
Mehrunissa アディティ・ラーオ・ハイダリー
Malik Kafur ジム・サルブ
ジャラーウッディーン ラザ・ムラッド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > パドマーワト 女神の誕生