映画-Movie Walker > 作品を探す > メモリーズ・オブ・サマー

予告編を見る
メモリーズ・オブ・サマーの画像

1970年代のポーランドを舞台に、夏休みを過ごす12歳の少年の姿を通して、思春期特有の心の揺れ動きを描き出す。父が外国に出稼ぎ中の少年ピョトレックは、母と2人で仲良く夏休みを過ごしていた。だが、母が毎晩のように家を空けるようになり……。監督はポーランド映画界期待の新星アダム・グジンスキ。日本初紹介となる本作が長編第2作に当たる。出演は、本作が俳優デビューとなるマックス・ヤスチシェンプスキ

2/5
総評価数 7
レビュー 2
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (3)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1970年代末、ポーランドの小さな田舎町。12歳の少年ピョトレック(マックス・ヤスチシェンプスキ)は、母ヴィシア(ウルシュラ・グラボフスカ)と2人で、夏休みを迎える。父イェジー(ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ)は外国で出稼ぎ中だったが、強い絆で結ばれた母と息子は、石切場の池で泳ぎまわり、家ではチェスをしたり、時にはダンスをしたり、仲良く日々を過ごしていた。だが、やがてヴィシアが毎晩のように家を空けるようになり……。おしゃれをして、うきうきとする母の様子に不安を覚えるピョトレック。その頃、都会からマイカという少女がやって来る。母に連れられ、おばあちゃんの家に遊びに来たマイカは、田舎町が気に入らないらしい。だが、ピョトレックは仏頂面のマイカに一目で惹かれる。2人は次第に仲良くなり、郊外へ一緒に出かけるほどになる。一方、ヴィシアは相変わらず外出を繰り返していた。月に一度、外国で働くイェジーからかかってくる電話に喜びながらも、“ママに何か変わったことはないか?”と尋ねられたピョトレックは、思わず沈黙。その姿を目にしたヴィシアは“なぜあんな真似を”と、怒りを露わにする。その日から、2人の間には緊迫した空気が漂い始める。そんな中、イェジーが出稼ぎから戻るが……。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 WSPOMNIENIE LATA
製作年 2016年
製作国 ポーランド
配給 マグネタイズ(配給協力:コピアポア・フィルム)
上映時間 83
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

電車が走り過ぎても

投稿者:

(投稿日:2019/6/19)

少年が、大人に成長するひと夏のお話。 多くを語らずら観…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > メモリーズ・オブ・サマー