TOP > 映画作品を探す > 幸福路のチー

予告編を見る
幸福路のチーの画像

東京アニメアワードフェスティバル2018長編グランプリを受賞した台湾アニメーション。台湾から米国に渡り成功を収めたチーは、祖母の訃報を聞き、故郷である台北郊外の幸福路に帰る。そこで幼いころの思い出とともに自分を見つめ直すと、ある決断を下す。監督は、本作が初のアニメ監督作品となるソン・シンイン。声の出演は、「薄氷の殺人」のグイ・ルンメイ、「海角七号 君想う、国境の南」監督・脚本のウェイ・ダーション

3/5
総評価数 11
レビュー 3
投票 8
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (3)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (4)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (2)
見たい映画に
登録した人
12

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

台湾からアメリカに渡り成功を収めたチー(声:グイ・ルンメイ)は祖母の死の知らせを受け、長く帰っていなかった故郷、幸福路へ戻る。台北郊外の田舎町だった故郷は記憶とずいぶん変わっていて、運河は整備され、遠くには高層ビルが立ち並んでいた。同級生はチーのことが分からず、自分はそんなに変わってしまったのかと気づかされた彼女は、子供のころの懐かしい思い出をたどり始める。空想が好きで、毎日が冒険だった幼いころ。金髪に青い目のチャン・ベティと親友になってからの毎日。両親の期待を背負った受験勉強を経て、学生運動に明け暮れた日々。そして大学を卒業してからは、記者として忙殺される人生だった。そして友との別れを経験し、現実に疲れたチーは、従兄ウェン(ウェイ・ダーション)を頼ってアメリカに行く。そこで出会ったトニーと結婚し、両親にもアメリカで幸せになることを誓った。今、夫と離れて幸福路にいるチーは、昔と同じように祖母の助けを求めていた。新たな人生の岐路に立つチーは、そこである決断を下す……。

作品データ

原題 幸福路上
製作年 2017年
製作国 台湾
配給 クレストインターナショナル
上映時間 101
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

リン・スー・チー(大人) グイ・ルンメイ
いとこのウェン ウェイ・ダーション
チーの父 チェン・ボージョン
チーの母 リャオ・ホェイジェン
リン・スー・チー(子供) ウー・イーハン
祖母 ジワス・ジゴウ

レビュー

帰る家があること・・・

投稿者:杉ちゃん

(投稿日:2019/11/29)

 世界の映画祭で高評価されている台湾アニメーション。 …

[続きを読む]

支持者:0人

懐かしい台湾風景

投稿者:hunnwarigohann

(投稿日:2019/11/20)

貧しい台湾家庭の生活を上手く表現した珍しいアニメでした。話の…

[続きを読む]

支持者:0人

同世代の女性に共感

投稿者:コージィ

(投稿日:2019/11/13)

試写会で拝見しました。 別の国だけれど、だいたい私と変…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 幸福路のチー