映画-Movie Walker > 作品を探す > ゲキ×シネ「髑髏城の七人 Season風」

何度も再演されてきた劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』のうち、捨之介と天魔王を松山ケンイチが一人二役で演じた『Season風』を映画館で上映。天正十八年。関東を荒らす髑髏党に追われる沙霧を救った捨之介の前に、髑髏党党首・天魔王が現れる。共演は「ザ・ファブル」の向井理、「愛がなんだ」の岸井ゆきの。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

天正十八(1590)年。関東の街道筋で一休みしていた牢人・狸穴二郎衛門(生瀬勝久)の前に、男装の若い女・沙霧(岸井ゆきの)が現れる。そこに兵庫(山内圭哉)と彼が率いる野武士集団・関八州荒武者隊が加わり、一騒動。それが一段落すると、関東髑髏党の鉄機兵たちが襲いかかってくる。髑髏党の根城“髑髏城”の絵図面を持つ沙霧を追ってきたのだ。たちまち荒武者隊を蹴散らす鉄機兵。だが、フラリと現れた着流しの男が鉄機兵を撃退し、沙霧を救う。その男の名は、捨之介(松山ケンイチ)。負傷した沙霧の手当てをするため、兵庫の案内で、一行は関東一の色街“無界の里”へ向かう。無界に着くと、兵庫は評判の美女・極楽太夫(田中麗奈)に、髑髏党に追われる沙霧をしばらく匿ってほしいと頼み込む。その夜、死んだ一族の魂を弔う儀式を行う沙霧の姿を目にした捨之介は、彼女が築城に優れた集団“熊木衆”であることを見抜く。直後、遊女に化けていた髑髏党の女が現れる。その女を斬り殺したのは、無界の里の主・無界屋蘭兵衛(向井理)だった。互いの姿を目にして驚く捨之介と蘭兵衛。そこへ、南蛮製の鎧に身を包み、髑髏の仮面を付けた髑髏党党首・天魔王(松山ケンイチ:二役)が部下と共に姿を現す。捨之介と蘭兵衛に会いに来たと告げる天魔王。3人には、織田信長の下で共に過ごした過去があったのだ。天魔王に斬りかかる捨之介。短筒を撃つ蘭兵衛。だが、斬撃も弾丸も天魔王の無敵の鎧には歯が立たない。そこへ二郎衛門が割って入り、天魔王は姿を消す。無界の里を守るため、無敵の鎧を打ち砕く“斬鎧剣”を求めて馴染みの刀鍛冶・贋鉄斎(橋本じゅん)の元を訪れる捨之介。同じ頃、蘭兵衛はたった1人で髑髏城へ向かっていた。その後を追い、城内へ忍び込む沙霧。織田信長の死から8年。関東平野で再会した捨之介、蘭兵衛、天魔王の3人を結ぶ宿命とは……?そして、彼らと出会った人々の運命は……?

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2019年
製作国 日本
配給 ヴィレッヂ=ティ・ジョイ
上映時間 178
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ゲキ×シネ「髑髏城の七人 Season風」