映画-Movie Walker > 作品を探す > 聖なる泉の少女

予告編動画を見る 聖なる泉の少女の画像

ジョージアのアチャラ地域に口承で伝わる物語を基にし、2018年アカデミー賞外国語映画賞ジョージア代表作品に選出された人間ドラマ。人々の心身を癒してきた聖なる泉を守る一家。老いた父は娘ナメに務めを継がせようとしナメが思い悩む中、泉に異変が起きる。監督は、本作の舞台となったジョージアのアチャラ地方にある都市に生まれ、映画制作の一方でバトゥミ芸術大学で教鞭を執るザザ・ハルヴァシ。第30回東京国際映画祭コンペティション部門正式出品作品(映画祭題「泉の少女ナーメ」)。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ジョージア(グルジア)の南西部にある、トルコと国境を接したアチャラ地方の山深い村。ここには古くから人々の心身の傷を癒してきた聖なる泉がある。代々この泉を守り、水による治療を司ってきた一家がおり、今は父親が儀礼を行っている。しかし三人の息子は、キリスト教の一派・ジョージア正教の神父、イスラム教の聖職者、無神論の科学者と、それぞれ異なる道に進んでいった。年老いた父親は一家の使命を娘のツィナメ(愛称ナメ)に継がせようとするが、ナメはその宿命に思い悩む。村を訪れた青年に淡い恋心を抱き、他の娘のように自由に生きることに憧れるナメ。一方、川の上流に水力発電所が建設され少しずつ山の水に影響を及ぼし、父とナメは泉の変化に気付く。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

原題 ნამე
製作年 2017年
製作国 ジョージア=リトアニア
配給 パンドラ
上映時間 91
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 聖なる泉の少女