TOP > 上映中の映画作品を探す > ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)

「セシウムと少女」の才谷遼監督によるスラップスティック・ミュージカル。3.11から8年、原発最前線の町役場へと出向を命じられた定年間近の楠穀平。町や住人、事故後の現状を目の当たりにするなか、やがて原子力研究所副所長就任を祝う狂乱の大宴会が始まる。出演は「私は絶対許さない」の隆大介、「嘘八白」の寺田農、新人のデコウトミリ、「明日にかける橋 1989年の想い出」の宝田明。トキ・キャラクターデザインを「この世界の片隅に」ののんが担当。ラピュタ阿佐ヶ谷20周年記念作品。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

3.11から8年。会津若松市役所職員・楠穀平(隆大介)は、ある日、原発最前線であるフクシマ県楢穂町役場に出向を命じられる。配属先は特別震災広報課。同僚には紅一点の石井ユカリ(柳沢なな)をはじめ、個性的な面々(関口晴雄、伊嵜充則、飯田孝男)が揃っていた。穀平は役場の助役・村井(寺田農)に連れられ、フクシマの各所を訪れる。津波で押し流された地区、未だ復旧しない鉄道、終わらない除染、セシウムが降り積もった帰宅困難地域の村……。フクシマの現状とそこで生活する住民や作業員たちの現実を目の当たりにする穀平だったが、案内する村井は終始笑顔を絶やさない。一方、穀平の娘で小児科病院に勤務するハルカ(デコウトミリ)は、入院する子供たちの現実に胸を痛めていた。やがてハルカは、そこにいない誰かと話す男の子が気になり始めるのだった。そんなある日、穀平は村井から、近々開催される「原子力研究所副所長就任を祝う会」を円滑に楽しく進められるよう言い渡される。そして当日。会に臨んだ穀平は、カゲキに陽気に盛り上がる異様な大宴会を目撃する……。

作品データ

製作年 2019年
製作国 日本
配給 ラピュタ阿佐ヶ谷
上映時間 113
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 才谷遼
原案 才谷遼
脚本 才谷遼
プロデューサー 赤池啓也
撮影 高橋義仁
録音 木原広滋
美術 早坂英明
装飾 早坂英明
編集 川島章正
音楽 江口貴勅
衣装 青木茂
助監督 小原直樹
ヘアメイク 高品志帆
VFX 石田肇
CG 石田肇
演奏 ジンタらムータ
撮影応援 加藤雄大
アニメーション制作 眞賀里文子伊藤有壱野中和隆石田卓也才田俊次鈴木沙織彦すけあ大橋学小林準治ユリア・ラディツカヤ古川タク地場賢太郎ユーリ・ノルシュテイン久里洋二
ポスター画 山田参助
トキ・キャラクターデザイン 能年玲奈
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)