ボーダー 二つの世界|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ボーダー 二つの世界

2019年10月11日公開,110分
R18+
  • 上映館を探す

『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストによる短編小説を、新鋭アリ・アッバシ監督が映画化した北欧ミステリー。第71回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門でグランプリを獲得したほか、本国スウェーデンのアカデミー賞で最多6部門の受賞を果たした。特殊な嗅覚を持つ税関職員が、ある男との出会いによって人生を変えるほどの事件に巻き込まれていく。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

スウェーデンの税関に勤めるティーナは、違法な物を持ち込む人間を嗅ぎ分ける特殊な能力を持つ一方、生まれつきの醜い容姿のために孤独な人生を送っていた。ある日の勤務中、怪しい旅行者ヴォーレを見て本能的になにかを感じたティーナは、後日、自宅に彼を招いて宿泊先を提供。しだいにヴォーレに惹かれていくが、彼にはティーナの出生に関わる大きな秘密があった。

作品データ

原題
GRÄNS
映倫区分
R18+
製作年
2018年
製作国
スウェーデン=デンマーク
配給
キノフィルムズ
上映時間
110分

[c]Meta_Spark&Karnfilm_AB_2018 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • Movie Walkerユーザー

    2
    11日前

    2020.11.18.鑑賞 2019年キネマ旬報ベストテン外国映画20位51点 こんな映画は日本では制作できないのでは! 

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • みるみる

    3
    2ヶ月前

    なんとも不思議な世界観。前に「テール」という北欧ホラーの様な作品を観ましたが、尻尾の生えた妖精がテーマでした。やっぱり身近にトロール達がいるんでしょうかね~。湿っぽく苔生す美しい森や川、キツネやヘラジカなど野生動物も登場して北欧感満載です。
    日本人が発想出来ない様なストーリーなのでこういう作品はもっと観たいです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • eggeater

    5
    2020/4/5

    日本人では絶対に作ることのできないであろうダークファンタジー。ロブスターとかこういった作品があるからヨーロッパ映画のSF・ファンタジー系は外せない。個人的には19年度ナンバーワンだ。主人公役お二人に惜しみない拍手を送りたい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告