映画-Movie Walker > 作品を探す > ある船頭の話

ある船頭の話の画像

オダギリジョーによる長編初監督作。橋の建設が進む山村。川岸の小屋に住み船頭を続けるトイチは、村人の源三が遊びに来るとき以外は黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた。そんなある日、トイチの前にひとりの少女が現れ、トイチの人生は大きく狂い始めてゆく。トイチを演じるのは「石内尋常高等小学校花は散れども」以来、11年ぶりの主演となる柄本明。共演は「銃」の村上虹郎、「望郷」の川島鈴遥。撮影監督を「宵闇真珠」のクリストファー・ドイル、衣装デザインを「乱」のワダエミが担当する。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

美しい緑豊かな山村。船頭のトイチ(柄本明)は、川辺の質素な小屋に一人で住み、村と町を繋ぐための河の渡しを生業にしている。様々な事情を持つ人たちが渡し舟に乗ってくる日々。トイチを慕う村人の源三(村上虹郎)が遊びに来るとき以外、黙々と舟を漕ぐトイチは慎ましく静かな生活を送っていた。だがこんな山奥の村にも、文明開化の波が押し寄せてくる。川上では煉瓦造りの大きな橋が建設され、村人たちは、橋さえできれば村と町の行き来は容易になると完成を心待ちにしているがトイチは内心、複雑な思いでその様子を見守っていた。そんなある日、トイチの舟に何かがぶつかる。流れて来たのは一人の少女(川島鈴遥)だった。トイチは少しの間その子の様子を見てやることにするが、それと同じ頃、トイチは渡し舟の客から奇妙な惨殺事件の噂を耳にする。少女の存在はトイチの孤独を埋めていくが、その一方でトイチの人生を大きく狂わせ始める……。

見たい映画に
登録した人
8

作品データ

製作年 2019年
製作国 日本
配給 キノフィルムズ/木下グループ
上映時間 137
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

関連ニュース

オダギリジョーと世界的カメラマンのオフショットも!『ある船頭の話』場面写真&メイキングが一挙解禁
オダギリジョーと世界的カメラマンのオフショットも!『ある船頭の話』場面写真&メイキングが一挙解禁(2019年7月30日 12:00)

現地時間8月28日(火)に開幕する世界三大映画祭のひとつ、第76回ヴェネチア国際映画祭のヴェニス・デイズ部門に日本映画として初めて出品されることが決まった、オダ…

蒼井優、浅野忠信ら超豪華9名の俳優陣が“オダギリジョー監督”とタッグ!
蒼井優、浅野忠信ら超豪華9名の俳優陣が“オダギリジョー監督”とタッグ!(2019年6月7日 08:00)

『メゾン・ド・ヒミコ』(05)や『ゆれる』(06)などで国内の映画賞を数多く受賞し、海外の著名な監督たちからも絶大な信頼を寄せられている演技派俳優オダギリジョー…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ある船頭の話