映画-Movie Walker > 作品を探す > コレット

予告編動画を見る コレットの画像

フランス文学界に名を残す女性作家、シドニー=ガブリエル・コレットをキーラ・ナイトレイが演じる人間ドラマ。片田舎に生まれ育った自由奔放な少女が、カリスマ作家との出会いを経て、フランス屈指のベストセラー作家へと成長していく姿や、夫との波乱に満ちた結婚生活、本当の自分を見つけるまでの半生が描かれる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 6
レビュー 2
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 50% (2)
星3つ 100% (4)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

フランスの田舎町サン・ソヴールで生まれ育ったコレット(キーラ・ナイトレイ)は、14歳年上の人気作家ウィリー(ドミニク・ウェスト)と出会い、激しい恋に落ちる。1893年、コレットは結婚を機にパリへ移り住む。1890年代のパリは、ベル・エポック真っ只中の活気に溢れていた。コレットは夫のウィリーとともに芸術家たちの集うサロンへと足繁く通い、いつの間にか享楽の世界に浸っていた。しかし、派手な暮らしの裏ではウィリーの浪費癖が原因で借金がかさみ、さらに、ウィリーは編集の勉強会と称して他の作家たちに自分の作品を書かせていた。そんななか、ウィリーはコレットの才能に気づき、自身のゴーストライターとして彼女に自伝的小説を書かせる。コレットが執筆した『クロディーヌ』シリーズは一大ブームとなり、商才のあったウィリーは舞台化やブランドを立ち上げることで幅広く商品を展開することを思いつく。これらの成功によってコレットとウィリーは注目されるようになるが、コレットは自分が作者であることを世間に認められない葛藤と夫の度重なる浮気に苦しめられていた。コレットの気持ちが離れていく一方、ウィリーは新作の執筆をコレットに強制し、束縛し始める。徐々に夫婦関係が険悪になり、コレットはもっと世界に関わっていきたいと願うようになる。そして、自分を偽らずに生きる男装の貴族ミッシー(デニース・ゴフ)との出会いが後押しとなり、コレットは自らの歩むべき未来を追い求め始める……。

見たい映画に
登録した人
13

作品データ

原題 COLETTE
製作年 2018年
製作国 イギリス=アメリカ
配給 東北新社=STAR CHANNEL MOVIES
上映時間 111
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

泉さんへ

投稿者:1978年から洋画

(投稿日:2019/05/19)

ラッピングコーディネーターの泉さんへ あなたは絶対ここにレ…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

【今週の☆☆☆】革命を起こした女性作家の伝記『コレット』や、大学生4人が犯罪に手を染める『アメリカン・アニマルズ』など週末観るならこの3本!
【今週の☆☆☆】革命を起こした女性作家の伝記『コレット』や、大学生4人が犯罪に手を染める『アメリカン・アニマルズ』など週末観るならこの3本!(2019年5月15日 19:00)

Movie Walkerスタッフが、週末に観てほしい映像作品3本を(独断と偏見で)紹介する連載企画。今回は、5月17日(金)から今週末にかけての公開作品から。キ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > コレット