映画-Movie Walker > 作品を探す > アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年

アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年の画像

各国のファンタスティック映画祭を席巻した戦慄のダーク・ファンタジー・ホラー。暴力を受け、凌辱された美しき少女ミーナは、その姿を変え人間を食すようになる。そんな彼女が唯一心を許したのは、自分の変わり果てた姿が見えない盲目の少年アレックスだった。主役のミーナを演じるのは、子役から始まり、TVシリーズなどでキャリアを築いてきたナディア・アレクサンダー。共演は『Marvel アイアン・フィスト』のトビー・ニコルズ、「ヒトラーに屈しなかった国王」のカール・マルコヴィクス、「夏をゆく人々」のマルガレーテ・ティーゼル。監督・脚本は、本作が長編デビューとなるジャスティン・P・ラング。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

母と二人暮らしの少女ミーナ(ナディア・アレクサンダー)は、母が連れ込む男の薄汚い目が嫌いだった。ところがある夜、男は母だけでは飽き足らずミーナに襲い掛かってくる。ミーナは抵抗するが、半死の状態にまで殴られ、森の中に捨てられてしまう。だが、死んだと思われたミーナは姿を変え、人の肉を食べながら生き延びていた。ミーナが隠れ住む森に足を踏み入れた者は町に戻ることはなく、一帯は“デビルズ・デン(悪魔の巣)”と呼ばれ、いつしか人々は寄り付かなくなっていた。そんなある日、森に凶悪な指名手配犯が逃げ込んでくる。ミーナは犯人の男を捕らえて殺害するが、その男は人質として盲目の少年アレックス(トビー・ニコルズ)を連れていた……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 THE DARK
製作年 2018年
製作国 オーストリア
配給 「アンデッド/ブラインド」上映委員会
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年