映画-Movie Walker > 作品を探す > よあけの焚き火

よあけの焚き火の画像

大蔵流狂言方として実際に能楽の舞台で活躍する大藏基誠・康誠親子が自身を演じるヒューマンドラマ。10歳の康誠は、師匠である父親とともに冬山の小さな家へと向かう。厳しい稽古が続くなか、近くに住む老人・宮下と災害で両親を亡くした孫の咲子が訪ねてくる。咲子を「幼な子われらに生まれ」の鎌田らい樹、宮下を世界的なジャズサックスプレイヤーである坂田明が演じる。撮影は「眠る男」「ミッドナイト・バス」の丸池納。監督は、ドキュメンタリーを中心にキャリアを積み、本作が長編デビューとなる土井康一

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

冬。650年の伝統をもつ狂言方の家に生まれた大藏基誠は、少年時代に父や兄と訪れていた山の稽古場に、10歳になる息子・康誠を初めて連れてくる。基誠は幼い頃を思い出しながら、父が自分にしたように、康誠に稽古場の掃除から手ほどきをする。だが康誠は、ふだんより厳しく接してくる父に戸惑い、稽古を投げ出しそうになるのだった。一方、基誠も自分のやりかたに、どこかもどかしさを感じ始める。そんなある日、近くに住む老人・宮下(坂田明)とその孫・咲子(鎌田らい樹)が訪ねてくる。数年前、災害で両親を亡くした咲子は、父親の故郷であるこの地に身を寄せていた。自分より幼い康誠が懸命に稽古する光景に目を奪われる咲子。山々が春の気配を帯びてきたある日、咲子に導かれて森に入った康誠は、この森で何百年も生きてきたであろう巨木と、その圧倒的な生命力の下で静かに朽ちていく命の姿を目にする。巨木の下、康誠は初めて咲子の深い悲しみに触れ、やがて、それぞれの心に小さな決意が生まれ始める……。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 桜映画社(配給協力:ポレポレ東中野)
上映時間 72
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 土井康一
脚本 土井康一
撮影 丸池納
音楽 坂田学
美術 吉野章弘
編集 土井康一
録音 北村峰晴
スチール 公文健太郎
照明 三重野聖一郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > よあけの焚き火