火口のふたり|MOVIE WALKER PRESS
MENU

火口のふたり

2019年8月23日公開,115分
R18+
  • 上映館を探す

直木賞作家・白石一文による同名恋愛小説を、「共喰い」はじめ数々の脚本を手がけ「この国の空」などでメガホンを取る荒井晴彦が映画化。挙式を控え、直子は昔の恋人・賢治と数年ぶりに再会。過去が鮮やかに蘇り、ふたりは抑えきれない衝動に身を委ねていく。物語の舞台を福岡から秋田に移しており、全編秋田でロケを敢行。作中に登場するモノクロームの写真は、写真家・野村佐紀子が手がけた。主演は「きみの鳥はうたえる」の柄本佑と、「彼女の人生は間違いじゃない」の瀧内公美。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

直子(瀧内公美)は挙式まであと10日となる中、故郷の秋田に帰省したかつての恋人・賢治(柄本佑)と数年ぶりに再会。新生活に向け片付けていた荷物から、直子は1冊のアルバムを取り出す。そこには、一糸纏わぬふたりの姿が写ったモノクロームの写真が収められていた。ただ欲望のままに生きていた青春の日々が蘇り、直子の婚約者が戻るまでの5日間、抗いがたい欲動に身を委ねていく。

作品データ

映倫区分
R18+
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ファントム・フィルム
上映時間
115分

[c]2019「火口のふたり」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • コージィ

    4
    2019/8/29

    ぱっと見だとポルノっぽいけど、さにあらず。

    物語の根底には、東日本大震災で直接的な被害はなかったが、仕事がなくなり、家庭を失い、という間接的被害を受けた東北の人たちの心の傷があります。

    そして、つらいときに誰といたいのか?
    生きるとは?
    好きって?
    愛とは?
    結婚とは?
    セックスとは?
    といった、生と性の根源的なことを問う内容でした。
    だから、エッチなシーンが多いのだけれど、エッチではないというか。
    ラストの方には、しみじみと余韻を覚えるほどよかった。

    しかし、最期のシーンと、エンディングの歌詞とが、ギャグかよ!って突っ込みたくなり、ある種の照れ隠しかもと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告