TOP > 上映中の映画作品を探す > 愛と哀しみの旅路

第2次大戦下の在米日系人隔離政策を背景に、日系ニ世の女性とアメリカ人青年の愛のゆくえを実話を基に描くドラマ。製作はロバート・F・コールズベリー、監督・脚本は「ミシシッピー・バーニング」のアラン・パーカー、撮影はマイケル・セラシン、音楽はランディ・エデルマンが担当。出演はデニス・クエイドタムリン・トミタほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1936年。ロサンゼルスで日本人向け映画館を営む日系一世、ヒロシ・カワムラ(サブ・シモノ)の娘リリー(タムリン・トミタ)は映画館で働く元労働活動家のジヤツク・マクガーン(デニス・クエイド)と恋に落ち、両親の猛反対にもかかわらず、移民と米国市民の結婚を禁じた当時のカリフォルニア州法を避けるためシアトルに駆け落ちしてまで式を挙げた。娘ミニも生まれ幸福な生活を営んでいた2人だったが、ジャックが再び組合運動に深入りしてゆくのをリリーがやめさせようとした結果いさかいが起こり、リリーはミニを連れて実家へ戻ってしまう。そこへ降ってわいたような日米開戦、リリーの父はスパイの嫌疑を受けてFBIに連行される。やがて戦火の激しくなる中ジャックは徴兵され、日系人は収容所に強制移住となったため2人は離ればなれに…。やがて釈放されたリリーの父に対する周囲の視線は冷たく、日系人2世に対する忠誠心を問うアンケートに対してカワムラ家のチャーリー(スタン・エギ)とハリー(ロナルド・ヤマモト)は別々の答を選び、チャーリーは日本に強制送還、ハリーは米軍に志願する中、リリーは母(シズコ・ホシ)と残された家族の面倒を見るので精いっぱいだった。そこへ軍隊を無断で抜け出したジャックがリリーとミニに会いにやってくる。ついに2人の仲を許したリリーの父の説得で戻ってゆくジャックだったが、やがて逃亡の罪を問われ刑務所送りに。カワムラ家の苦難の日々はさらに続く。アイダホの農場に行っていたリリーの妹ダルシー(アケミ・ニシノ)は私生児をお腹に収容所に戻り、全てを失なって廃人のようになっていたリリーの父はついに自殺を選ぶ。そこへ追い打ちをかけるようにハリーの戦死の知らせ。悲しみに茫然となる母を抱え44年、やっと収容所から解放されたリリーは、いとこのいるカリフォルニアのいちご農園に身を寄せ、そこで終戦を迎える。そして戦争が終わって3年経った48年、前線から帰還したジャックは、苦しみの日々の記憶を胸にしたリリーとミニをしっかり抱き締めるのだた。

作品データ

原題 Come See the Paradise
製作年 1990年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

Jack_McGurn デニス・クエイド
Lily_Kawamura タムリン・トミタ
Mr._Kawamura サブ・シモノ
Mrs._Kawamura シズコ・ホシ
Charie_Kawamura スタン・エギ
Harry_Kawamura ロナルド・ヤマモト
Dulcie_Kawamura アケミ・ニシノ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 愛と哀しみの旅路