映画-Movie Walker > 作品を探す > 眠る村

眠る村の画像

「ヤクザと憲法」、「人生フルーツ」などで注目を集める東海テレビドキュメンタリー劇場第11弾。自白の信憑性の問題や決定的な物証の不在にも関わらず、戦後唯一、一審の無罪判決から二審で逆転死刑判決が下された“名張毒ぶどう酒事件”の謎に迫る。ナレーションを担当するのは、「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」で本事件の被告、奥西勝を演じた仲代達矢

4/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

三重と奈良にまたがる集落・葛尾。昭和36年、この村の懇親会で女性5人が死亡する事件が発生。ぶどう酒に混入された毒物による中毒死だった。事件から6日後、逮捕された当時35歳の奥西勝が犯行を認め、“妻と愛人との三角関係を清算するためだった”と自白。すると不思議なことに、村人たちは奥西の犯行を裏付けるかのように次々と証言を変えていった。だが、迎えた初公判で奥西は一転、無罪を主張。自白は“強要されたもの”と訴える。一審は無罪。しかし二審では死刑判決、そして最高裁は上告を棄却。昭和47年、奥西は確定死刑囚となった。事件が起きた公民館は取り壊され、村人は奥西家の墓を掘り返して畑の中へ追いやった。独房から再審を求め続けた奥西は平成27年10月、帰らぬ人となった。享年89。八王子医療刑務所で独り、無念の獄死だった。戦後唯一、司法が無罪から逆転死刑判決を下したこの事件には、57年が経った今もなお、多くの謎が残る。決定的な物証の不在、自白の信憑性、二転三転した関係者の供述……。そして、なぜ司法は頑なに再審を拒むのか……。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 東海テレビ放送(配給協力:東風)
上映時間 96
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 齊藤潤一鎌田麗香
プロデューサー 阿武野勝彦
監修 門脇康郎
撮影 坂井洋紀
音楽 本多俊之
音楽プロデューサー 岡田こずえ
編集 奥田繁
音響効果 柴田勇也
ナレーション 仲代達矢
題字 山本史鳳
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 眠る村