映画-Movie Walker > 作品を探す > 轢き逃げ 最高の最悪な日

予告編を見る
轢き逃げ 最高の最悪な日の画像

水谷豊が『TAP -THE LAST SHOW-』に続いて監督に挑んだ人間ドラマ。轢き逃げ事件によって突然、ひとり娘を失った家族、事件の加害者である犯人、事件を担当する刑事たちなど、それぞれの人生が複雑に絡み合った物語がつづられる。事件の犯人を中山麻聖石田法嗣というフレッシュな顔ぶれが演じ、水谷自身も被害者の父親役で出演する。

3/5
総評価数 7
レビュー 3
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (3)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (2)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

3日後に控えた結婚式の打ち合わせのため、車を飛ばす秀一は海の見える狭い坂道で若い女性を撥ねてしまう。同乗していた親友の「誰も見てない」という囁きでその場を立ち去ってしまう。夕方のTVニュースで轢き逃げした女性・望の死亡を知り、2人は怯えながらも翌朝出社する。やがて、2人は逮捕されるが、娘を失った時山夫妻はいたたまれない思いを抱える。

見たい映画に
登録した人
19

作品データ

製作年 2019年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 127
映画公式サイトへ
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 水谷豊

キャスト

中山麻聖
石田法嗣
小林涼子

レビュー

死は簡単に描けない

投稿者:ローズ

(投稿日:2019/6/9)

ある朝起きた轢き逃げ事件を巡り、車を運転していた男と助手席の…

[続きを読む]

支持者:0人

深く胸に刺さる映画

投稿者:Movie Walkerユーザー

(投稿日:2019/4/11)

深く心に刺さる映画。 だれかと議論したくなる映画です。 …

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

【レビュー】“映画作家”水谷豊の挑戦 ――『轢き逃げ 最高の最悪な日』アクロバチックな語り口で謳い上げる人間賛歌
【レビュー】“映画作家”水谷豊の挑戦 ――『轢き逃げ 最高の最悪な日』アクロバチックな語り口で謳い上げる人間賛歌(2019年5月25日 01:00)

半世紀以上のキャリアをもち、名実ともに日本を代表する俳優といえる水谷豊。現在絶賛公開中の監督第2作『轢き逃げ 最高の最悪な日』では、初となる脚本も担当し、サスペ…

水谷豊の初脚本映画『轢き逃げ』が公開!“作品の母”水谷がピンクのカーネーションを贈呈
水谷豊の初脚本映画『轢き逃げ』が公開!“作品の母”水谷がピンクのカーネーションを贈呈(2019年5月11日 05:03)

5月10日、新宿バルト9にて映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』の初日舞台挨拶が開催され、監督・脚本を務めた水谷豊をはじめ、中山麻聖、石田法嗣、小林涼子、毎熊克哉、…

水谷豊監督と岸部一徳が語る半世紀の絆。「傷だらけの天使」から『轢き逃げ 最高の最悪な日』まで
水谷豊監督と岸部一徳が語る半世紀の絆。「傷だらけの天使」から『轢き逃げ 最高の最悪な日』まで(2019年5月10日 05:00)

タップダンスで人生のきらめきを映しだした『TAP -THE LAST SHOW-』(17)で、鮮烈な監督デビューを果たした水谷豊。注目の監督2作目では作風をがら…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 轢き逃げ 最高の最悪な日