映画-Movie Walker > 作品を探す > チベット・ケサル大王伝 最後の語り部たち

東チベットで受け継がれてきた世界最長の英雄叙事詩『ケサル大王伝』の語り部たちを追ったドキュメンタリー。取り憑かれたように語る神授型の語り部たちそれぞれのエピソードや、チベット高原の開発が進みケサル文化の基盤が解体されていく現実を映し出す。監督は「チベット 天空の英雄 ケサル大王」に続き、数々の紀行番組を手がけてきた大谷寿一

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

チベット古代統一王朝・吐蕃崩壊後の11世紀、仏教国の王をモデルにチベット統一と仏教布教を託し創られたと言われている、世界最長の英雄叙事詩『ケサル大王伝』。東チベットの草原の民の理想と願いが込められ戦いと恋に彩られたその物語は、代々語り部たちにより受け継がれ、今でも語り部たちはチベット全土で20名ほどが残る。もともとは文盲である牧童の夢の中にケサルや山神が降りてきてケサル語りを命じ、目が覚めるとおのずと語り出したという神授型の語り部たち。カム語というチベットの方言や古語で語られ、中国語が浸透したチベットの若い人もうには理解ができないといわれている。青海省ジェクンド(玉樹)は2010年に大地震に見舞われてから後、驚くべき変貌を遂げ、ケサル像の地下にケサル博物館をオープン。ケサルを観光客誘致のために売り込み、地元党政府は語り部の個人芸よりも集団で華のある劇や舞踏を重用。チベット高原も中国政府による大規模開発が進み、牧畜民は半ば強制的に町へ下ろされ、ケサル文化の基盤が解体されつつある。環境破壊が進み、ケサルのお告げは降りて来ないと言われるように。大地に根ざした、世界的にももはや稀な語り部文化を見つめる。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 パンドラ
上映時間 90
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大谷寿一
構成 大谷寿一
撮影 大谷寿一
音楽 杉山洋一
ヴァイオリン演奏 林原澄音
選曲 杉原葉子
編集 大谷寿一
ナレーション 北川米彦
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > チベット・ケサル大王伝 最後の語り部たち