映画-Movie Walker > 作品を探す > 南米珍道中

「アラスカ珍道中」に次ぐビング・クロスビー、ボッブ、ドロシー・ラムーア主演音楽喜劇で1947年作品。脚本はエドモンド・ベロインジャック・ローズのチームが書卸し「いんちき商売」「御冗談でしョ」のノーマン・Z・マクロードが監督し「恋文騒動」「最後の地獄船」のアーネスト・ラズロが撮影した。助演は「アンナとシャム王」のゲイル・ソンダーガード「シンガポール珍道中」のジェリー・コロンナ「失われた週末」のフランク・フェイレン等で、アンドルース姉妹、カリオカ・ボーイズ、ウイーア兄弟等も出演する。唄は「アラスカ珍道中」「モロッコへの道」と同じくジョニー・バーク作詞、ジェームズ・ヴァン・ヒューゼン作曲の4篇である。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

スキャット・スウィーニーとホット・リップス・バートンは2人組の楽士である。一時はハリウッドでうまくやっていたのであるが今は落ちぶれてニュー・オーリーンズの見世物でラッパを吹いている。それというのもスキャットが、小ぎれいな女を見るとすぐに参って、共同資金を使い込んでしまうからである。ところで今度はホット・リップスが柄にない軽業師のマネをして、ショウを目茶苦茶にしたので、2人は尻に帆かけて逃げ出し、やみくもに南米リオ・デ・ジャネイロ行きの豪華船『クウィーン・オヴ・ブラジル』に乗り込んだ。といえば体勢はいいが、実は船上の救命ボートにもぐり込んだのである。その夜2人が空腹をかこっていると、何処からともなく女のすすり泣く声。どうやら投身自殺の気構えらしい。とび出したスキャット等御両人、抱きとめて見ればすごい美人で、ルシア・マリア・デ・アンドラーデという令嬢である。話をきくと、船がルオに着き次第、伯母の命令で大嫌いな男と結婚させられることになっているという。伯母というのが催眠術の名人なので、いくらガン張っても伯母の言いなりにさせられるという哀れな身の上だ。よし引き受けたとスキャット。危ないぜ、やめた方が安全だとホット・リップス。翌朝、彼女に甲板で出会った2人が楽士と分かって船の管弦楽団に入れられて、船賃は出さんでもよいということになる。いよいよリオをバスの箱に隠して、伯母の眼をかすめて上陸したまではよかったが、伯母の配下のトリガー、トニー等の無頼漢が現われるので、スキャット等も難儀に難儀を重ねたが、思いがけない事件の連続で、一同は北の方ナイヤガラ滝へ行き、そこでルシア・マリアと結婚した。2人のどちらが花婿となったか映画を御覧あれ。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Road to Rio
製作年 1947年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 南米珍道中