映画-Movie Walker > 作品を探す > イーちゃんの白い杖

第8回FNSドキュメンタリー大賞特別賞受賞の番組をテレビ静岡開局50周年記念として映画化。生まれつき目が見えないイーちゃんは、静岡盲学校で視覚障がい者として生きる基本を学んだ。中学から東京の盲学校に進学するが、いじめを経験し、自殺を考える。落語家の春風亭昇太が初となるナレーションを務める。監督は、テレビ静岡で数多くのドキュメンタリー番組を手掛けている橋本真理子。2018年11月10日より静岡県内を皮切りに上映。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

小長谷唯織さん、通称イーちゃんは生まれつき目が見えない。20年前、イーちゃんは静岡盲学校で、白い杖の使い方や点字など視覚障がい者として生きる基本を学んだ。触って、なめて、においを嗅いで……目が見えない世界は想像を超える発見があったが、成長するにつれ、「なぜ自分だけ違うのか」と不思議に思い始める。そして、地元の保育園では大勢の友達がいたのに、同級生がいないさみしさを実感する。中学生になると、障がいを持った者同士、分かり合えると信じて、東京の盲学校へ進学する。しかし、いじめを経験し、大好きなピアノで気持ちを整理しようとしたが、心が追いつかなかった。母は、「現実から逃げないでほしい」と厳しく接した。ピアニスト、歌手、作家と、夢にも届かず、何もかも嫌になった。「学校にいても家にいてもつらい」「死にたい」と考えたが、いつもそばにいる2歳下の弟・息吹の存在があった。弟は重度の障がいで、食事も歩行もトイレに行くこともできない。入退院を繰り返し、何度も手術を経験しても前に進んでいた。自分の甘さに気づいたイーちゃんは、自殺を踏み止まる。互いに顔を見たことがない姉と弟、そして2人を支える家族が、20年目に出した答えとは……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 テレビ静岡(配給協力:浜松市民映画館)
上映時間 108
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 橋本真理子
プロデューサー 永井学
撮影 杉本真弓
音楽 川口カズヒロ
編集 大澤裕也
効果 山川英夫
語り 春風亭昇太
デザイン 森部道子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > イーちゃんの白い杖