TOP > 上映中の映画作品を探す > 百年の蔵

1918年に全国規模に広がり時の寺内内閣総辞職に至った米騒動の背景を探るドキュメンタリー。高校生を中心としたメンバーたちが米騒動発祥の地とされる地元・富山県魚津市に残された資料や言い伝えを探索、子孫を訪ね歩き、その痕跡を辿る姿をとらえる。監督は自然紀行番組『にっぽん百名山』や日中国交正常化35周年記念DVD『音和橋』などを手がけてきた神央

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大正7(1918)年7月23日朝、おりからの米価急騰に窮していた漁師の妻たち数十名が、十二銀行の米蔵から魚津浜に停泊する蒸気船への米の積み出し作業を阻止した。北海道への米の持ち出しが米価急騰の原因ととらえたためであった。このことが全国紙で報じられると、生活苦にあえぐ人々の共感を呼び、暴動が全国に拡大。その影響により、時の寺内内閣総辞職に至った。それから約100年、米騒動発祥の地とされる富山県魚津市で当時何があったのか、実態や真相を確かめようと地元の人々が立ち上がり、残された資料や言い伝え、子孫を訪ね歩くことに。やがて、魚津町で起きた出来事は決して暴力的なものではなく、米価急騰のあおりを受け家計が逼迫した漁師の妻たちの哀願であったことが浮かび上がってくる。当時から現存する米蔵を起点に、高校生を中心としたメンバーが米騒動の痕跡をたどり、新たな発見をしていく姿をカメラは追っていく。

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 ヴィジュアルフォークロア
上映時間 99
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 神央
プロデューサー 三浦庸子北村皆雄
撮影 高橋愼二小野塚正直黒川佳輔
録音 西野正義佐竹樹郎近彰彦中村浩一
整音 齋藤恒夫
効果 齋藤恒夫
構成 神央北村皆雄
編集 田中藍子
語り 佐藤B作
制作デスク 渡邉有子山上亜紀
挿絵イラスト 谷井健三
学術協力 紙谷信雄麻柄一志
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 百年の蔵