映画-Movie Walker > 作品を探す > 500年の航海

500年の航海の画像

フィリピンの鬼才キドラット・タヒミックが35年もの歳月を費やして完成させたドキュメンタリードラマ。大航海時代、史上初の世界一周に挑み、途中で命を落としたマゼランに代わって、偉業を達成したのはその奴隷エンリケだったという説に基づく一大叙事詩。監督のキドラット・タヒミックがエンリケを演じていたが、途中で交代した。第65回ベルリン国際映画祭カリガリ賞受賞作。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

マゼランの世界一周の後、その奴隷だったエンリケは自由の身となり、故郷ルソン島イフガオに戻った。1523年、エンリケは生まれた村で世界一周の思い出を振り返る……。始まりは、風で吹き飛ばされ、エンリケが海に落ちたことだった。海賊に拾われたエンリケは、マラッカの市場で中国商人に売られる。ここでマゼランに買われ、奴隷となったエンリケはヨーロッパへ。しばらくして、マゼランがスペイン王室の許可を得て世界一周の大航海に出ると、主人と共に旅立つことに。だが、1521年、自らが発見したフィリピンのマクタン島に辿り着いたマゼランは、原住民との戦いで命を落とす。主人の死後、自由の身となったエンリケは、故郷の村を目指すが……。

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

原題 Balikbayan # 1 ― Memories of Overdevelopment Redux VI
製作年 2017年
製作国 フィリピン
配給 シネマトリックス
上映時間 161
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 500年の航海