惡の華|MOVIE WALKER PRESS
MENU

惡の華

2019年9月27日公開,127分
PG12
  • 上映館を探す

押見修造による同名コミックを、「覚悟はいいかそこの女子。」の井口昇の監督と伊藤健太郎の主演により実写化。中学2年生の春日高男は、衝動に駆られ佐伯奈々子の体操着を持ち去ったところをクラスの問題児・仲村佐和に目撃され、彼女に隷属することになる。脚本は「心が叫びたがってるんだ。」の岡田麿里。息苦しい日々をやり過ごす春日を伊藤健太郎が、春日を服従させる仲村佐和を「Diner ダイナー」の玉城ティナが演じるほか、オーディションで選ばれた秋田汐梨、「暗黒女子」の飯豊まりえらが出演。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

山々に囲まれ、閉塞感漂う地方都市。中学2年生の春日高男(伊藤健太郎)は、ボードレールの詩集『惡の華』を心のよりどころにして、息苦しい日々をどうにかやり過ごしていた。ある日の放課後、教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子(秋田汐梨)の体操着を見つけた春日は、衝動に駆られ、その体操着を掴んで逃げ出してしまう。しかし一部始終をクラスの問題児・仲村佐和(玉城ティナ)が一部始終を目撃しており、この一件を秘密にする代わりにある契約を持ちかける。このことから仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった。仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちにアイデンティティが崩壊し絶望を知る春日。『惡の華』への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めていたころ、二人は夏祭りの夜に大事件を起こす。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ファントム・フィルム
上映時間
127分

[c]押見修造/講談社 [c]2019映画『惡の華』製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.5
  • Movie Walkerユーザー

    1
    2019/10/9

    中高生にしか分からない映画なのか、さっぱり分からなかった。
    伊藤ちゃんの笑顔がカワイイかったのが救いかな。

    あとはまったく。違うの見れば良かった

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • Movie Walkerユーザー

    4
    2019/10/5

    映画は、初観の時が一番、楽しめると思っていたが、この作品に関しては違う。
    ハッキリ言って、原作知らずに1回観ただけでは、内容が把握できず、疑問に思うことだらけ、観終わった後に、あの展開は、どういう事だろう、あの行動は、どういう心情からか、考えてしまう。で、2回目観ると、やはり、そういう事かと推測が確信に変わったり、あー、自分の見落としで勘違いしていたと気付かされたり、こんな映画の観方もあるんだと知った。

    また、俳優陣の表情にしても、1回目は、まず、仲村さんのエキセントリックな表情と可愛さに惹かれたが、2回目は、春日の朴訥さ、包み込むような温かさ、時々見せる、芯のある力強い眼差しに強く惹かれる。

    また、観たいとさえ思う、というか、もっとじっくり観ていたい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • レモンソーダ

    3
    2019/9/16

    試写会で観てきました。
    原作漫画は昔に途中まで読んだだけですが、ざっくりとした全体のあらすじは知っていました。

    暴力的・刺激的で印象深いシーンが多く、仲村さん役の玉城ティナさんもとても綺麗なので、狂っていて理不尽な美少女に青春をブン回されたい!という破滅願望がある人は、楽しめそうな気がします。

    ただ、おそらく一つ一つのエピソードは原作どおりなのだろうとは思うのですが、尺に収めるためなのか展開がかなり駆け足で、観ていて気持ちが追い付かず呆然としてしまうところも結構ありました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告