フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~

2019年6月29日公開
  • 上映館を探す

人気フィギュアメーカー、壽屋が手がけ、シリーズ累計出荷数100万個以上突破の大ヒットプラモデルを原作に、2017年4月に放送・配信されたTVアニメに新規映像を加えて再編集した劇場版。フレームアームズ・ガールと呼ばれる完全自律型の小型ロボットたちと女子高生のヒロインが繰り広げる日常が描かれる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある日、女子高生あおの元に謎の小包が届く。その中にはフレームアームズ・ガールと呼ばれる完全自律型の小型ロボット、轟雷が入っていた。彼女は人工自我を搭載した最新型の試作機で、バトルデータを収集しては感情を学んでいく。そんな轟雷とあおの奇妙で楽しい日常が始まる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ポニーキャニオン

[c]KOTOBUKIYA / FAGirl Project [c]キネマ旬報社

映画レビュー

1.0
  • コージィ

    1
    2019/7/5

    玩具商品シリーズとテレビシリーズ両方のヘビーユーザー向けファンOVAであり、「テレビアニメの総集編」ってWEBのTOPや、映画チケットサイトにちゃんと書いておいて欲しい。

    人間とフレームアームズ・ガール (FA)が同じサイズのSDキャラとして、過去のテレビシリーズを再生鑑賞しながら、コメンタリーをやっている風にセリフに被せて解説する内容。

    最大の問題は、コメンタリーセリフも元セリフも被って、どっちのセリフもあまり聞き取れないこと。
    また、先生と級友とFAなどのキャラが全員女性。
    SD化した時は、キャラデザインも髪型と色など記号的にしか見分けがつきにくい。
    また、10人くらいの女性声優の声質が近く、誰が喋ってんのかもわからない。 語尾につける「~なり」とかの御約束言葉くらいでしか、聞き分けができない。

    というわけで、テレビシリーズを一切観ておらず、予備知識のない私には拷問のような作品であった。

    テレビシリーズが頭に入ってる人なら楽しめると思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告