映画-Movie Walker > 作品を探す > 幻を見るひと 京都の吉増剛造

詩人・吉増剛造の創作風景に密着したドキュメンタリー。命の源である水は重要な題材となってきたが、東日本大震災の大津波の爪痕を直に見た吉増は言葉を失った。あるとき、京都には琵琶湖と同じ水量の地下水があると知ると、京都に新たな創作の活路を求める。監督は、「ハッピーメール」の井上春生

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

詩人・吉増剛造は2011年の東日本大震災以降、詩が書けずにいた。人間にとって命の源でもある水は、詩人にとって重要な題材となってきたが、大津波の爪痕を直に見た彼は、すべてを剥ぎ取っていく水の衝撃に言葉を失った。吉増は詩を書く代わりに、哲人・吉本隆明の詩を米粒大の文字で写経のように毎日書き写し始める。本人が“怪物くん”と呼ぶ4年がかりで書かれた『詩の傍らで』は700枚近くに達する大作であり、歌人・与謝野晶子の肉声が響き渡り、サヌカイトが鳴り、アクション・ペインティングの創始者ジャクソン・ポロックのようにインクを紙面に叩きつける異様な光景が広がる。書くという原稿を逸脱して、一枚の紙に時間が堆積し、オブジェのような状態を呈する。それは長い時間の手習い書となり、新作への胎動となる。あるとき、京都には琵琶湖と同じ水量の地下水があると知った彼は、京都の水脈に新たな詩の創作の活路を求める。そこで吉増の前に、川端康成の幻影が現れる。京都に逗留し創作活動に励んだ川端康成の幻を見る才能に共振し、自らの詩作の糸口を手探りで見つけていく。ついに東洋の大精霊である水の神、龍に詩人の触角が触れ、吉増は水の運命の声を聴き、筆をとる。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 HUGMACHINE
上映時間 107
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 井上春生
プロデューサー 井上春生
配給プロデューサー 小野田桂子
撮影 安田浩一
情景撮影 大木スミオ
編集 井上春生
録音 中村太郎奈良田信一
スチル 小野田桂子
エグゼクティブプロデューサー 城戸朱理
照明 渡辺大介
整音 白井康之石黒裕二
朗読 大鷹明良小林あや
英語朗読 マーク・カーポンティエ

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 幻を見るひと 京都の吉増剛造