誰もがそれを知っている|MOVIE WALKER PRESS
MENU

誰もがそれを知っている

2019年6月1日公開,133分
PG12
  • 上映館を探す

「別離」「セールスマン」のアスガー・ファルハディ監督が、ペネロペ・クルスとハビエル・バルデムを主演に迎えたサスペンス。スペインの故郷で久々に再会したラウラの家族と幼なじみ。しかし、結婚式で起きた娘の失踪をきっかけに、家族の秘密と嘘が綻び始める。共演は「しあわせな人生の選択」のリカルド・ダリン、「マジカル・ガール」のバルバラ・レニー。撮影監督は「エル・スール」「ボルベール 帰郷」のホセ・ルイス・アルカイネ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アルゼンチンに暮らしているラウラ(ペネロペ・クルス)は、妹の結婚式のため故郷スペインに帰省し、ワイン業を営む幼なじみのパコ(ハビエル・バルデム)や家族との再会を果たす。だが、その喜びも束の間、結婚式の後に催されたパーティーの最中、ラウラの娘イレーネが行方不明となり、やがて何者かから巨額の身代金を要求するメッセージが届く。絶望のどん底に突き落とされるラウラ。そんななか、パコは時間稼ぎに奔走し、ラウラの夫(リカルド・ダリン)もアルゼンチンから駆けつけるが、疑心暗鬼に陥った家族の内に長年隠されていた秘密が露わになっていく……。

作品データ

原題
TODOS LO SABEN
映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
スペイン=フランス=イタリア
配給
ロングライド
上映時間
133分

[c]2018 MEMENTO FILMS PRODUCTION - MORENA FILMS SL - LUCKY RED - FRANCE 3 CINEMA - UNTITLED FILMS A.I.E. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • 3
    2019/6/11

    Penélope CruzとJavier Bardemの、実夫婦があまりにお似合いすぎて、作中どう転がるかハラハラしますね。
    特に父親が現れる前は。
    ラストの方では、むしろパコが可哀想でした。「家族」を見せつけられて。全てを承知の上で・・の上で出来上がった居たんじゃ入り込めないもの。

    イレーネは最初の奔放さがウザい位なんだけど、それも総て対比的伏線か‥
    可哀想に・・トラウマになるだろうな‥知らなくて良い事まで明らかになるだろうし‥

    海外だと身内の誘拐事件は多いって聞きます。酷いよね‥

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ひろ

    3
    2019/6/2

    この後味の悪さ。
    始めと最後で主人公の描き方魅せ方も全く違くて、人の業を感じる映画です。
    小さな田舎町で起こる、人のうわさと思い込みから起こる事件。
    なんで経済事情と色事ってこんなに噂になるんだろう;

    事件は解決しないし、誰も幸せにならないところがうつうつと薄暗く、でもこの見た人をもやもやと悩ませて、考える余地を残すの嫌いじゃないです。
    最近の全部説明してあるのもわかりやすくていいですが、たまにはこういう鬱っと考えさせられるのもおもしろいです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 1978年から洋画

    3
    2019/6/2

    <レビュー確認中>

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告