記者たち~衝撃と畏怖の真実~|MOVIE WALKER PRESS
MENU

記者たち~衝撃と畏怖の真実~

2019年3月29日公開,91分
  • 上映館を探す

“大量破壊兵器の保持”を理由にイラク戦争に突き進むジョージ・W・ブッシュ政権の嘘を暴き、真実を追求する新聞記者たちの戦いを描く、名匠ロブ・ライナー監督による実話をベースにした社会派ドラマ。モデルになった記者たちが撮影現場でアドバイザーを務め、記者たちの苦難に満ちた戦いをリアリティたっぷりに描き出す。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2002年、ブッシュ米大統領は大量破壊兵器保持を理由にイラク侵攻に踏み切ろうとしていた。新聞社ナイト・リッダーのワシントン支局長ウォルコットは部下に取材を指示し、やがて、一連の出来事が政府の捏造、情報操作であることを突き止める。しかし、大手新聞社が政府の方針を追認したことから、ナイト・リッダーは世間の潮流の中で孤立していく。

作品データ

原題
SHOCK AND AWE
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
アメリカ
配給
ツイン
上映時間
91分

[c]2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • Burk

    3
    2日前

                                                         

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • tanchan

    5
    2019/5/25

    最初に2回続けて観て、その後、また2回観ましたが、また観たい。今の日本はこの状況に殆ど近く、しかし日本にはナイト・リッダーがいない(たぶん)ので、もっと悪いかも。マスコミやジャーナリズムが政府に同調し、かつての日本は戦争に突入していったわけだが、歴史が繰り返されそうな気配がぷんぷん匂う今の日本。この映画は過去の話でも他国の話でもないことを胸に刻むため、何度も観るつもりです。(Wハレルソンがミスキャストでは?という不満あるのだけれど。)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • seapoint

    4
    2019/4/21

    上司が絶大に頼りになり、本物を見る力があり、なにより部下を信頼している。

    新聞記者に限ったこどではない。良い会社は上司が最高で部下も育つ。ナイト・リーダーはワシンポストやNYタイムズのようなブランドはないけれど、関係者へのアプローチ、ギャロウエイやらからの有力な情報ハブを効かせ真実へと地道に稼ぐ。
    記者たる者、足で情報を探し裏付けを取らねばならん。

    ジョナサンとウォーレンのコンビは「大統領の陰謀」のよう。なにより支局長を演じるR.ライナーが好演。部下に度々発破をかけるところなんか。

    言論の自由、新聞をはじめとするメディアは国に臆することなく「真実」を伝えて欲しい。日本の曖昧表現ばかりにはこういった一刀両断も必要。

    おっと映像で流れた当時就任していたチェイニー副大統領。これに続いて「バイス」を観たらきっと面白い。C.ベール、そっくり。ほぼ平行上映good timing!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告