映画-Movie Walker > 作品を探す > 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

予告編動画を見る 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。の画像

漫画家・宮川サトシが自身の経験をつづったエッセイ漫画を、『日日是好日』の大森立嗣監督が映画化した家族ドラマ。母親の突然のガンの告知に動揺する主人公と彼を取り巻く人々との絆が描かれる。個性派・安田顕が母親の愛の深さに気付いていく主人公を、母親を倍賞美津子が演じる。物語を盛り上げるBEGINによる主題歌も聴きどころだ。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 5
レビュー 1
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (4)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2012年春。30代後半の宮川サトシ(安田顕)は、母・明子(倍賞美津子)と永遠に別れる日が来るとは思ってもいなかった。子供の頃から病気がちで泣き虫でお調子モノだったサトシは、いつも優しくパワフルな母に救われてきた。そんな母が突然、胃癌を告知されたのは2年前のことだった。「俺がいるから大丈夫だよ、お袋は必ず助かるから」それまで母が自分にかけてくれていた言葉を、今度はサトシがかける番だった。百度参り、修行僧の様な滝行、国産野菜のジュース作りなど、恋人の真里(松下奈緒)に支えられながら、サトシは母のために奔走する……。母と別れて1年後。すっかり生きる気力を失っていた父・利明(石橋蓮司)と兄・祐一(村上淳)も新たな人生へ向かおうとしていた。そんなある日、サトシのもとに突然、母からプレゼントが届く。それは、想像をはるかに超えた驚くべき“スペシャルな贈り物”だった……。

見たい映画に
登録した人
18

作品データ

製作年 2019年
製作国 日本
配給 アスミック・エース
上映時間 108
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大森立嗣
製作 間宮登良松村田嘉邦安井邦好鈴木仁行板東浩二高木司樋泉実佐野真之荒木宏幸伊藤亜由美稲村甲一
プロデューサー 小林智浩川崎岳
アソシエイトプロデューサー 田坂公章
原作 宮川サトシ
脚本 大森立嗣
撮影 槇憲治
VFXディレクター 須賀努
音楽 大友良英
主題歌 BEGIN
美術 安宅紀史山本直樹
編集 早野亮
録音 赤澤靖大
音響効果 伊藤進一
エグゼクティブプロデューサー 加藤和夫
キャスティング 田端利江
ヘアメイク 豊川京子
助監督 小南敏也
照明 野村直樹
タイトルデザイン 赤松陽構造
ラインプロデューサー 伊達真人
衣装 纐纈春樹立花文乃
制作担当 斉藤大和
カラリスト 小林哲夫

キャスト

宮川サトシ 安田顕
真里 松下奈緒
祐一 村上淳
利明 石橋蓮司
宮川明子 倍賞美津子

関連ニュース

安田顕、妻からダメ出し「あなたのコメント、ちょっと弱い」…『ぼくいこ』舞台挨拶で告白
安田顕、妻からダメ出し「あなたのコメント、ちょっと弱い」…『ぼくいこ』舞台挨拶で告白(2019年2月23日 13:35)

漫画家・宮川サトシが自身の経験をつづったエッセイ漫画を映画化した『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の公開記念舞台挨拶が2月23日にTOHOシネマズ…

安田顕、『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』は人生の節目で思い出す映画
安田顕、『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』は人生の節目で思い出す映画(2019年2月21日 13:00)

冒頭、母親の葬儀から始まる本作。サトシがなぜ「遺骨を食べたい」と思うまで、母を愛したのかが、過去に時間をさかのぼって紹介されていく。少年時代から泣き虫で、大病も…

「母の遺骨を食べたい」…ジャンル不明の“ぼくいこ”には想像以上の感動が待ち受ける!
「母の遺骨を食べたい」…ジャンル不明の“ぼくいこ”には想像以上の感動が待ち受ける!(2019年2月15日 12:15)

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。突然、何を言い出すのかと思わせてしまったかもしれないが、これは2月22日(金)より公開となる映画の題名だ。そのタイト…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。