青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない|MOVIE WALKER PRESS
MENU

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

2019年6月15日公開,90分

鴨志田一のライトノベル『青春ブタ野郎』シリーズを原作にしたテレビアニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』の続編。高校二年生の咲太の前に、初恋の相手・牧ノ原翔子が現れる。何故か中学生の翔子と大人の翔子との二人が存在しており……。小説『青春ブタ野郎』シリーズのうち、第6・7巻を基にしている。『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』に続き、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」の増井壮一がメガホンを取る。『僕のヒーローアカデミア』シリーズの石川界人、「劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ」の瀬戸麻沙美、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』シリーズの水瀬いのりら声優陣も続投。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高校二年生の梓川咲太(声:石川界人)は、空と海が輝く街・藤沢に暮らし、先輩であり恋人でもある桜島麻衣(声:瀬戸麻沙美)と心躍るような日々を過ごしている。しかしそんな日常が初恋の相手・牧ノ原翔子(声:水瀬いのり)の出現により一変。何故か中学生の翔子と大人の翔子との二人が存在しており、咲太はやむなく翔子と一緒に住むことになるが、大人翔子に翻弄され麻衣との関係がぎくしゃくしだす。そんな中、中学生翔子が重い病気にかかっていることが判明。咲太の傷跡が疼きはじめる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
アニプレックス
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • wpA0OuZd2o8K0m3

    5
    2019/10/9

    涙あり笑いありの最高の作品だった
    麻衣さんが映画に出てドナーが多くなり翔子さんが明日からと言う最高の結末に泣けます

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • マルワレイ

    3
    2019/6/26

    原作は未読。テレビシリーズ視聴組です。第1話ほかときどき登場しながら遂に本編に絡んでこなかった女性(少女)をめぐる騒動の顛末を描くということで、テレビシリーズの視聴者には必見の内容となっています。
    量子論や相対性理論など小難しい理屈を並べてはいますが、要するに「今カノと初恋の人にはさまれて俺どうしよう」シチュエーションのラブコメなので、真面目なSFを期待する観客には向かないと思います。
    登場人物がやたらとメソメソ泣くところが笑えますが、制作者は泣かせたいみたいなので皆さん泣いてやってください。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • コージィ

    4
    2019/6/26

    原作未読、テレビアニメシリーズ未見、カケラも情報のない無謀な状態で鑑賞。

    思春期の揺れる虚ろな気持ちの影響で、超常現象を起こす「思春期症候群」なる病気(というか超能力)を持った少年少女たちの話らしい、と理解。
    セリフ中心に状況説明と鬱展開。
    ある事態〜初恋の人と今の恋人、どちらの命を助けるのか?という究極の選択を突きつけられる主人公。

    うーむ、能力発動のきっかけがよくわからない。
    なんでもありの神様みたいな力になってしまっているような。

    また、キャラデザインが可愛い以外、これのどこが面白いのかよく分からない。
    おっさんには、若い頃読んだ眉村卓さんや筒井康隆さんの作品の、雰囲気だけ持ってきたようにも感じられ。
    最後のオチが、セリフで片付けられちゃったからかも。
    理屈とキャラ設定先行で、小説向きな話であり、アニメでは難しい部分が多い印象だった。

    劇場を出てから、ウィキペディアでチェック。
    なるほど、単行本6~7巻に相当する話なのか。
    きっと原作やテレビを知っている人には、面白いのだろう。
    と同時に、クリスマスネタなんだから、12月に公開すれば良いのにとも思った。

    途中で頭の中を作画と演出、音響効果を分析するモードに切り替えたおかげで、行って損はなかった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告