映画-Movie Walker > 作品を探す > サスペリア

予告編動画を見る サスペリアの画像

ホラー映画史に名を残すダリオ・アルジェント監督の傑作を、『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が大胆にリメイク。70年代のベルリンを舞台に、世界的に有名な舞踊団に入団した少女が体験する恐怖を描く。『フィフティ・シェイズ』シリーズのダコタ・ジョンソンが主人公を、ティルダ・スウィントンが舞踊団の顔であるコレオグラファーを演じる。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1977年秋、ベルリンではドイツ赤軍のテロが頻発し、それに触発された学生たちのデモも各地で発生して街は不安と恐怖に覆われていた。スージー・バニヨン(ダコタ・ジョンソン)はベルリンを拠点とする舞踊団マルコス・ダンス・グループのオーディションを受けるため、アメリカからやってきた。専門的なダンスの教育は受けていないスージーだったが、舞踊団のアメリカ公演を見て憧れ、オーディションの機会を得たのだ。彼女はオーディションで天才的な才能を披露し、舞踊団を率いるカリスマ振付師マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)から入団を許可される。数日前、舞踊団では主要ダンサーの一人パトリシア(クロエ・グレース・モレッツ)が姿を消していた。彼女は失踪の直前、舞踊団が悪の巣窟であると心理療法士のヨーゼフ・クレンペラー博士(ルッツ・エバースドルフ)に訴えたが、クレンペラーはパトリシアの妄想だと分析していた。一方、クレンペラーは第二次大戦末期の混乱で生き別れになった妻アンケ(ジェシカ・ハーパー)のことで思い悩み、かつて妻と暮らした別荘に戻っては彼女との思い出に浸っていた。マダム・ブランは団員にスージーを紹介すると同時に、直近に迫った次回公演のリード・ダンサーに抜擢する。リードの座を奪われたオルガはマダム・ブランに罵声を浴びせスタジオを飛び出し、パトリシアのようにそのまま失踪する。公演が近づくなかマダム・ブランの個別指導を受けるスージーは、ダンスを踊ることで得体の知れないものと共鳴しているかのような不思議な力を感じ始め、次第にマダム・ブランと舞踊団の長老たちが意図を持ってスージーを操ろうとしていることが分かってくる。公演当日、舞踊団のスタジオにクレンペラーをはじめ多くの観客が招かれる。ほぼ全裸に赤いロープだけの衣装を身につけ、不気味なメイクをしたダンサーたちは、激しく、官能的でセンセーショナルな演目『民族』を披露する。それは、あるおぞましい儀式の始まりだった……。

見たい映画に
登録した人
22

作品データ

原題 SUSPIRIA
製作年 2018年
製作国 イタリア=アメリカ
配給 ギャガ
上映時間 152
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

関連ニュース

【今週の☆☆☆】眩しいほどの個性がぶつかる『十二人の死にたい子どもたち』や狂乱の美『サスペリア』など週末観るならこの3本!
【今週の☆☆☆】眩しいほどの個性がぶつかる『十二人の死にたい子どもたち』や狂乱の美『サスペリア』など週末観るならこの3本!(2019年1月23日 17:30)

Movie Walkerスタッフが、週末に観てほしい映像作品3本を(独断と偏見で)紹介する連載企画。アカデミー賞のノミネート作品も発表されるなど、映画への注目が…

オリジナル版ヒロイン、ジェシカ・ハーパーが新生『サスペリア』にカムバック!
オリジナル版ヒロイン、ジェシカ・ハーパーが新生『サスペリア』にカムバック!(2019年1月16日 18:00)

「決して、ひとりでは見ないでください」のキャッチコピーで話題を呼び、日本でも大ヒットを記録したダリオ・アルジェント監督の伝説のホラー映画を、『君の名前で僕を呼ん…

アラーキーの写真が元ネタ!?『サスペリア』センセーショナルな衣装の秘密が明らかに
アラーキーの写真が元ネタ!?『サスペリア』センセーショナルな衣装の秘密が明らかに(2019年1月5日 20:00)

第90回アカデミー賞で作品賞をはじめ4部門にノミネートされた『君の名前で僕を呼んで』(17)のルカ・グァダニーノ監督が、日本でも社会現象を巻き起こしたホラー映画…

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > サスペリア