TOP > 上映中の映画作品を探す > オボの声

「ビルと動物園」の齋藤孝が第一回松田優作賞優秀賞を受賞した脚本を自ら監督した人間ドラマ。将来の見えない日々を送っていた元ボクサーの秀太は、妊娠した彼女から逃げるように帰郷する。彼はガスボンベ配送のアルバイト先で、人殺しと噂される男と出会う。出演は、「東京島」の結城貴史、「蝶の眠り」の菅田俊、「おじいちゃん、死んじゃったって。」の水野美紀、「つむぐもの」の石倉三郎、「教誨師」の烏丸せつこ

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

夜中に不可解な“オボの声”が響くという噂が広まる田舎町。元ボクサーの秀太(結城貴史)は、転々とアルバイトを変えながら将来の見えない日々を送っていたが、妊娠した彼女から逃げるように十数年振りに帰郷する。 ガスボンベを配送するアルバイト先で、人殺しと噂される寡黙な初老の男・守義(菅田俊)と出会い、秀太は逃げ続けてきた心の声に気づかされる。

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 T-artist
上映時間 99
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 齋藤孝
脚本 齋藤孝
撮影 根岸浩太
照明 松本竜司
録音 坂上賢治
美術 佐藤彩
ヘアメイク 徳田芳昌
スタイリスト チバヤスヒロ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > オボの声