映画-Movie Walker > 作品を探す > METライブビューイング2018-19 ドニゼッティ「連隊の娘」

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のオペラ公演を上映するシリーズの一作。19世紀初頭のチロル地方。フランス軍連隊の中で育った孤児マリーは、農民の若者トニオと恋愛中。彼女が自分の姪だと知ったベルケンフィールド侯爵夫人は、マリーをパリに連れて行く。出演は「METライブビューイング2017-18 ドニゼッティ《愛の妙薬》」のプレティ・イェンデ、「METライブビューイング2017-18 ロッシーニ《セミラーミデ》」のハヴィエル・カマレナ、「METライブビューイング2014-15 ロッシーニ《セヴィリャの理髪師》」のマウリツィオ・ムラーロ、「METライブビューイング2017-18 マスネ《サンドリヨン》 シンデレラ」のステファニー・ブライズ。METで『マスネ《マノン》』や『マスネ《サンドリヨン》 シンデレラ』を手がけたロラン・ペリーが演出を担当。2019年3月2日の公演。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

19世紀初めのチロル地方。フランス軍第21連隊が進軍、そこには軍曹シュルピス(マウリツィオ・ムラーロ)に拾われ、連隊の中で成長した孤児マリー(プレティ・イェンデ)というアイドルがいた。そんなマリーに、崖から落ちた彼女を助けてくれた農民の若者トニオ(ハヴィエル・カマレナ)という恋人ができる。だがある日、ベルケンフィールド侯爵夫人(ステファニー・ブライズ)が現れ、マリーが亡くなった妹とフランス軍人の間にできた子だと言って、彼女をパリに連れて行く。やがて、貴族の生活になじめないマリーを追ってトニオがやってくるが、すでにマリーには婚約者がいた……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 DONIZETTI - LA FILLE DU RÉGIMENT
製作年 2019年
製作国 アメリカ
配給 松竹
上映時間 160
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > METライブビューイング2018-19 ドニゼッティ「連隊の娘」