TOP > 映画作品を探す > 静寂を求めて -癒やしのサイレンス-

静寂を求めて -癒やしのサイレンス-の画像

様々な騒音が人々を取り囲み、静寂が失われつつある現代、健全に生きる方法を模索するドキュメンタリー。世界保健機関WHOは騒音が大気汚染に次ぐ重大な公害問題であり、健康に悪影響を及ぼすと指摘。そんな中、一部の人々が静寂の意義を見つめ直していく。メガホンを取ったのは、『Flight from Death: The Quest for Immortality』などのドキュメンタリーで高い評価を得ているパトリック・シェン

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

急速に経済が成長し、技術革新や都市の拡張が進む現代において、静寂な時を過ごすことは特別な出来事となっている。都市部では、一時たりとも無音状態が存在せず、あらゆるノイズに囲まれているからだ。都会で日々聞こえる交通機関や街頭などの騒音は、私たちの健康にとって、大気汚染に次ぐ重大な公害問題だと世界保健機関(WHO)は指摘する。環境騒音はストレス、睡眠障害、学習障害、聴覚障害、そして.疾患など多岐にわたる健康への悪影響を与える原因となることが知られるようになってきた。騒音から逃れるため、グレッグ・ヒンディは23歳の誕生日までの1年間、沈黙の誓いを立て、一言も発せずに徒歩でアメリカ大陸を横断した。作曲家ジョン・ケージが音楽の新たな地平を開いた独創性に富んだ無演奏の曲“4分33秒”は、演奏以外の“無”を聴き、そして観るという、常に揺れ動く心に静かな居場所を与える全く新しい体験となった。日本の宮崎良文教授は、森林浴で都会人の免疫機能が向上し、ストレスが低下することや、抗がん細胞が活性化することを確認した。静寂の必要性が急速に高まる中、本作は静寂、音楽、騒音などの音に焦点を当て、様々な音に囲まれた21世紀を健全に生きるための方法を探究するドキュメンタリーである。

作品データ

原題 IN PURSUIT OF SILENCE
製作年 2015年
製作国 アメリカ=日本=ドイツ=ベルギー=中国=インド=台湾=イギリス
配給 ユナイテッドピープル
上映時間 81
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

関連ニュース

ストレスを抱える現代人必見!心を癒す“静寂”な映像世界
ストレスを抱える現代人必見!心を癒す“静寂”な映像世界(2018年9月21日 21:30)

人々の会話、電車・車の騒音、街の広告にテレビやインターネット。情報社会となった現代の都市は、常に様々なノイズで溢れかえっている。そんな、現代人のストレスフルな日…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 静寂を求めて -癒やしのサイレンス-