コールド・アンド・ファイヤー 凍土を覆う戦火|MOVIE WALKER PRESS
MENU

コールド・アンド・ファイヤー 凍土を覆う戦火

2018年7月22日公開,126分
R15+
  • 上映館を探す

デンマーク史上最大の戦争、第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争において、最も凄惨な激戦といわれる1864年の“デュッペル堡塁の戦い”を軸に、同じ女性を愛してしまった兄弟・ペーターとラウスがたどる運命を映し出す北欧版スペクタクル大河ドラマ。出演は「獣は月夜に夢を見る」のヤーコブ・オフテブロ、「ある戦争」のピルー・アスベック、ソーレン・マリン、「きっと、いい日が待っている」のラース・ミケルセン。撮影を「シェイプ・オブ・ウォーター」のダン・ローストセン、音楽を「LOGAN/ローガン」のマルコ・ベルトラミが担当。監督・脚本は「ポゼッション」のオーレ・ボールネダル。2018年7月14日より新宿シネマカリテにて開催される『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018』にて上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1852年。第一次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争は、デンマークの勝利によって終結。国民は色めき立ち、政治家たちは和平協定を無視してシュレースヴィヒ公国を併合しようと目論んでいた。そんな時代の片隅に生まれ育ったペーター(イェンス・セター=ラスン)とラウス(ヤーコブ・オフテブロ)の兄弟は、インゲを同時に愛するようになっていく。だが1864年、デンマーク首相モンラッドがビスマルク率いるプロイセンとオーストリアという強大な陸軍を擁する二国に対して宣戦布告。束の間の平和は、第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争の幕が開いたことで終わりを告げる。やがて、ピーターとラウスはインゲを巡る三角関係を抱えながら、志願兵として極寒の戦場に足を踏み入れていくのだった……。

作品データ

原題
1864
映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
デンマーク
配給
彩プロ(配給協力:武蔵野エンタテインメント)
上映時間
126分

[c] 2014 DR, Miso Film, 4 Fiction, Sirena Film, AB Svensk Filmindustri, TV 2 Norge. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?