映画-Movie Walker > 作品を探す > 駅までの道をおしえて

予告編を見る
駅までの道をおしえての画像

直木賞作家・伊集院静の短編を「3月のライオン」の新津ちせ、「沈黙 -サイレンス-」の笈田ヨシらの出演で映画化した人間ドラマ。愛犬ルーがいなくなったことが受け入れられない8歳のサヤカは、一匹の犬に導かれ、大きな喪失感を抱えるフセ老人と出会う。監督は、映像制作プロダクション・ウィルコの代表を務め、メガホンを取った「臍帯」で第14回上海国際映画祭Asian New Talent Awardコンペティション部門審査員特別賞を獲得した橋本直樹。年齢や立場、種などを超えた交流を描く。

4/5
総評価数 4
レビュー 2
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

赤い電車が通る湾岸の街に両親とともに暮らす8歳のサヤカ(新津ちせ)は、臨海学校に参加した数日の間に愛犬ルーがいなくなったことが受け入れられずにいた。ルーと一緒に過ごした場所を訪れてはルーの姿を探すサヤカは、ある日、かつてルーに導かれて見つけた線路の跡が残る原っぱで一匹の犬と出会う。数日後、近所の喫茶店の前にその犬がつながれているのを見つけるサヤカ。頑固そうなマスターのフセ老人(笈田ヨシ)は、犬の名前がルースであることや、ルースの方から店にやってきたことを話す。時が止まったようなジャズ喫茶を営むフセ老人は数十年前に息子を幼くして亡くしており、息子の死を受け入れられずにいた。サヤカは喫茶店に通い、ルーの思い出話をしたり、フセ老人の息子コウイチロウーの話を聞いたりするうちに、フセ老人と打ち解けていく。そして、フセ老人が待っているという大切な何かを、ただ待ち続けずに一緒に探しに行こうと提案。週末、サヤカとフセ老人とルースは海に向かい……。

見たい映画に
登録した人
7

作品データ

製作年 2019年
製作国 日本
配給 キュー・テック
上映時間 125
映画公式サイトへ
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 橋本直樹
プロデューサー オシアウコ
原作 伊集院静
脚色 橋本直樹
撮影 蔦井孝洋
音楽 原摩利彦
音楽プロデューサー 小澤秀平
主題歌 コトリンゴ
挿入歌 コトリンゴ
美術 野々垣聡
編集 山下健治
録音 小川武
音響効果 中村佳央
エグゼクティブプロデューサー 関口忠宏関口有可里
ドッグトレーナー 西岡裕記
ヘアメイク 竹下フミ
助監督 川村直紀
照明 加藤あやこ
VFXスーパーバイザー 小坂一順
DIT さとうまなぶ
スタイリスト 城宝昭子
制作担当 後藤一郎

キャスト

サヤカ 新津ちせ
サヤカの母 坂井真紀
サヤカの父 滝藤賢一
サヤカの伯父 マキタスポーツ
サヤカの伯母 羽田美智子
動物病院院長 柄本明
看護師長 余貴美子
サヤカの祖母 市毛良枝
サヤカの祖父 塩見三省
フセコウタロー 笈田ヨシ
コウイチロー 佐藤優太郎
10年後のサヤカ 有村架純

レビュー

子役と犬と京急の存在感!

投稿者:ひでぷー

(投稿日:2019/10/25)

 2頭の犬がしっかりと演技して作品を支えているし、京急の赤い…

[続きを読む]

支持者:0人

少女の心を丁寧に描写した傑作

投稿者:コージィ

(投稿日:2019/10/22)

泣いた! 滂沱の涙。 犬や親しい人たちが亡くなる別離…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
スキャンダル
スキャンダル

2016年に実際に起きたスキャンダルの裏側を描いたシャーリーズ・セロン主演の物語

1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

チャーリーズ・エンジェル
チャーリーズ・エンジェル

2000年、2003年に公開されたアクションシリーズの出演者を一新したリブート版

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 駅までの道をおしえて