タナー・ホール 胸騒ぎの誘惑|MOVIE WALKER PRESS
MENU

タナー・ホール 胸騒ぎの誘惑

2018年8月12日公開,95分
PG12
  • 上映館を探す

「キャロル」のルーニー・マーラが初主演を務めた青春映画。全寮制の女学校タナー・ホールで過ごす最後の年を迎えたフェルナンダ。ある日、カリスマ性を持ちながらもトラブルメーカーでもある幼馴染のヴィクトリアが現れ、彼女を取り巻く環境が一変する。共演は『オースティンランド 恋するテーマパーク』のジョージア・キング、「ルーム」のブリー・ラーソン、「インヒアレント・ヴァイス」のエイミー・ファーガソン、「あなたの旅立ち、綴ります」のトム・エベレット・スコット、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」のエイミー・セダリス。特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018』にて上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューイングランドの歴史ある全寮制女学校タナー・ホールで過ごす最後の年を迎えたフェルナンダ(ルーニー・マーラ)。内気で勉強好きな彼女は、冒険好きでセクシーなケイト(ブリー・ラーソン)やボーイッシュなルーカスタ(エイミー・ファーガソン)を始めとする仲良しグループの良心的存在だった。そんなある日、カリスマ性を持ちながらもトラブルメーカーな一面を抱える幼馴染のヴィクトリア(ジョージア・キング)が現れ、フェルナンダを取り巻く環境に変化が訪れる。家族ぐるみで付き合っていた年上の男性ジオ(トム・エベレット・スコット)との複雑な関係が始まり、フェルナンダはリスクを冒す決意をする。そんな彼女に嫉妬したヴィクトリアは、フェルナンダの計画をぶち壊し、皆の前で彼女を辱めるのだった。一方、ルーカスタは別のクラスメイトへの想いに悩み、ケイトもある男性教師の気を引こうと躍起になっていた。様々な大人との触れ合いの中で、彼女たちは大人としての決断やそれがもたらす結果を乗り越えるには、まだお互いが必要だということに気付いていく……。

作品データ

原題
TANNER HALL
映倫区分
PG12
製作年
2009年
製作国
アメリカ
配給
彩プロ(配給協力:武蔵野エンタテインメント)
上映時間
95分

[c] 2009, BY Two Prong Lesson, LLC [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • 3
    2018/8/22

    禁断の女子高の女子寮に暮らす、美しい女子高生の最強な事。
    ・・・って言うか、良いように誘惑される・・もとい。誘惑されたいおっさんたちの情けない事。

    彼女たちの味方も敵も彼女たち自身なのよね。
    怖い怖い。
    ルーカスタの秘密と、ピザ屋の少年との友情が良かったな。唯一自分自身が認められている感じで。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告