映画-Movie Walker > 作品を探す > 世界で一番ゴッホを描いた男

予告編動画を見る 世界で一番ゴッホを描いた男の画像

中国・深セン市近郊にある、世界市場の6割もの複製油画を生産する大芬油画村を取り上げたドキュメンタリー。この街で20年間ゴッホの複製画を描いてきた趙小勇。ゴッホに魅せられその複製画制作に人生を捧げ、いつか本物のゴッホ作品を見たいと願う彼を追う。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017長編コンペティション部門にて上映(映画祭タイトル「中国のゴッホ」)、監督賞を受賞。劇場公開に先駆け、特集『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018』クロージング作品としてプレミア上映。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

中国南部深セン市にある大芬(ダーフェン)。複製油絵制作が産業として確立し世界市場の6割を制作しているとされるこの街は、世界最大の油画村と呼ばれている。1996年に出稼ぎで大芬にやってきた趙小勇(チャオ・シャオヨン)は、この街でゴッホの絵画と出会い、独学で油絵を学び、これまでに10万点以上にも及ぶゴッホの複製画を家族と共に描いてきた。絵を描くのも寝食も工房の中。ゴッホに魅せられゴッホと共に生き複製画への誇りを持つ彼は、いつしかゴッホ美術館へ行くことが夢になる。本物のゴッホの絵画からゴッホの心に触れ、今後の人生の目標を明確にしたいと願う小勇。その思いが募り、ついに美術館のあるオランダ・アムステルダムに向かうが……。

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

原題 中国梵高
製作年 2016年
製作国 中国=オランダ
配給 アーク・フィルムズ=スターキャット
上映時間 84
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

関連ニュース

あの“ゴッホのひまわり”を量産する村があった!?知られざる複製画の世界
あの“ゴッホのひまわり”を量産する村があった!?知られざる複製画の世界(2018年10月21日 22:00)

美術館の土産屋などで見かける本物そっくりな名画のレプリカ。いわゆる“複製画”と呼ばれるそれが、どこで誰によって描かれているのか、意識したことのある人は少ないだろ…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 世界で一番ゴッホを描いた男