映画-Movie Walker > 作品を探す > 形のない骨

数々のCMやミュージックビデオを手がけてきた小島淳二監督が、初めて企画から立ち上げ、5年をかけて完成させた人間ドラマ。画家の夫、姑、小学生の息子と共に地方都市で暮らす良子。姑の態度や夫の暴力にうんざりしていたある日、夫が突然の事故で死亡してしまう。ヒロインの良子を演じるのは、本作が女優デビューとなるモデルの安東清子。音楽を、小島淳二がメガホンをとった「Jam Films 2 『机上の空論』」の徳澤青弦が務める。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

地方都市の郊外。34歳の良子(安東清子)は画家である夫の正(田中準也)と小学生の息子・宏(杉尾夢)、姑・和子(高田紀子)と共に暮らしている。一見穏やかに見える日々の生活。だが創作意欲を失った正は、ヤクザまがいの男に自分の描いた贋作を売り、良子と衝突しては殴りつける。疲れ切った良子に追い討ちをかけるように、姑の嫌味が止まることはない。ある夜、化粧をした良子は、弟の圭人(熊谷太志)が店長を務める小さなスナックへと向かう。トラブルメーカーの圭人が抱えた借金を少しでも早く返せるようにと店を手伝う良子は、常連客とのたわいのない会話や、弟と過ごす平穏な時間にかすかな自由を感じていた。うんざりする日々の生活を吹っ切るかのようにカラオケを熱唱する良子。客と盛り上がっていたところに、正から電話がかかってくるが良子は冷たくあしらって切ってしまう。その態度に日頃からスナックでのバイトを快く思っていなかった正は逆上し、店にやってくると外へ逃げ出した良子を捕まえ壮絶な暴行を加える。青アザだらけの良子の体を見て、心配する圭人。数日後、良子はスナックに向かう途中、正のバイク事故を知り病院へかけつけるが、正は帰らぬ人となってしまう。火葬場で圭人から、正の死亡保険金からスナックのオーナーである水野に1000万を支払うと言われ、良子は正の死亡がただの事故でないことを知る。そんななか、正の死は交通事故として処理されるが、和子は息子の死を受け入れられず精神のバランスを崩してしまう。良子が愛を与えながら育てた宏もまた、父の死によって心を閉ざしがちになっていた。悩み、追い詰められた良子は、やがてあることを決断する……。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 エレファントハウス
上映時間 104
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小島淳二
脚本 小島淳二
撮影 安岡洋史
音楽 徳澤青弦
美術 松本慎太朗
編集 小島淳二
録音 阿尾茂毅
ヘアメイク 木戸友子
助監督 荒木孝眞
照明 根岸謙

キャスト

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 形のない骨

ムービーウォーカー 上へ戻る