映画-Movie Walker > 作品を探す > マンダレー スター ミャンマー民族音楽への旅

写真家、作曲家、映画プロデューサーとして活動する川端潤が「Beauty of Tradition ミャンマー民族音楽への旅」に続きミャンマー音楽を取り上げたドキュメンタリー。マンダレーで出会ったピューという少女が歌う楽団一家の姿を映し出す。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ヤンゴンでミャンマー特有の21個の音階のある太鼓、サインワインを手に入れた。それを大きな風呂桶みたいな綺麗に彫刻された木枠にぶら下げるのだが、ヤンゴンでは木の外枠は手に入れられず、マンダレーでしか手に入らないと言われた。それを探すのがこの旅の目的だった。マンダレーでサインワインの工房にたどり着くと、5人の家族がコツコツと働いていた。その後ふと立ち寄ったサインワイン楽団の一家が、ストーリーを先に進めてくれた。ピューという女の子が歌い、サインワインを叩く。これはいいなと思い、ピューの一座の録音をすることになった。太ったオバサンが怠惰な感じで座って歌う。男はぶら下がった大きなゴングを、ゆっくりとフラフラしながら叩く。舞台袖で女たちが化粧をし、男たちはキンパという噛みタバコを噛む。怪しく、綺麗でチープなテントは紙でできている。テントの外側には無数の電球があり、オレンジ色の光がピカピカ点滅している。村の金持ちがお金を出し、地元の人々を集めて寄進祭をしており、ピューの楽団は夕方から夜中の1時ごろまで演奏する。伝統音楽とポップス、サインワインとエレクトリックベース、伝統音楽とロック、洗練とカオス、トラディショナル音楽とアイドル……ピューはトラッドアイドルなんだと思った。ピューが革ジャンを着てよくある感じのロックを歌う。岸野雄一さんが「こういう女、よくいるんだよな」と言う。コメディアンが盛り立て、ドリフの頭に金ダライが落ちてくるのと同じようなシーンが展開する。ここには昭和のニッポンのような、昔の素直な笑いがある。世界は急速に動いているのに……。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 プロジェクトラム=エアプレーンレーベル
上映時間 90
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

旅に出たくなる音楽映画

投稿者:Movie Walkerユーザー

(投稿日:2018/07/11)

女性カメラマンがミャンマーの伝統楽器を探す旅から始まり、最後…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > マンダレー スター ミャンマー民族音楽への旅

ムービーウォーカー 上へ戻る