映画-Movie Walker > 作品を探す > 恐竜の詩

「たこ焼きの詩」「切り子の詩」に続く、近兼拓史監督による“下町の詩”シリーズ第3弾。巨大恐竜の化石発見で、千載一遇の町おこしチャンスに沸く小さな山里。だが、過疎の町にはそんな予算はない。市長の助っ人としてやってきた澤田は、ある節約運動を提案する。出演は「切り子の詩」のとみずみほ澤田敏行近田球丸サニー・フランシス、永津真奈、「たこ焼きの詩」の古和咲紀、「秘愛」の芳野友美。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

新種の巨大恐竜“丹波竜”の化石が、関西の小さな市で発見。静かな山里はこの世界的ニュースに大騒ぎとなり、町おこしの大チャンスと色めき立っていた。だが、過疎の町にはそんな予算はない。起死回生のアイデアを求め、市長は旧知の商社役員に助っ人を依頼。ところが、やって来たのは冴えない中年男の澤田(澤田敏行)だった。あきらめムードのなか、澤田は「予算が無いなら節約で」と、町おこし予算捻出のため、全市民をあげてジェネリック家電を活用するという大節約運動を提案。前代未聞の“つもり貯金”で、到達不可能と思われた町おこし予算は現実のものとなっていく。その頃、澤田の息子・鈴音(近田球丸)が恐竜の化石発掘現場付近で、謎の巨大な卵を発見する。そこから産まれてきたのは小さな恐竜の赤ちゃんだった……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 アールツーエンターテインメント
上映時間 137
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 近兼拓史
脚本 近兼拓史
撮影 畠岡英隆近兼拓史
編集 畠岡英隆近兼拓史
EXプロデューサー 荒谷やよい
ナレーション とみずみほ古和咲紀
助監督 大越節美
アート監修 河野政行とだ勝之渡辺顕大越節美
CG作成 行信三
美術監督 細見典行
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 恐竜の詩

ムービーウォーカー 上へ戻る